移動の記録

『すごいエスカレーター(エクスナレッジ)』発売中!ライター田村美葉の個人ブログです。建築・アート・ジオ・インフラツーリズムなど、地味かっこいいスポットを紹介します。2019年8月から多拠点生活中。

船に乗ります

ポルトのドウロ川ミニクルーズ乗船記

ドウロ川にはいくつかのクルーズコースがあるのだが、世界遺産のドン・ルイス一世橋をはじめとした大きな橋を潜ってぐるっと回って帰ってくる50分のミニクルーズは、予約不要で気軽に乗ることができる。ポルトの街並みもじっくり見ることができて、なかなか…

ビルバオ・ネルビオン川の観光遊覧船「BILBOATS」乗船記

グッゲンハイム美術館があり、河口付近には世界遺産のビスカヤ橋が架かる、見所いっぱいのビルバオのネルビオン川には、「BILBOATS」という観光遊覧船が運航している。 たまたまサンセットの時間に乗ったところ、かなり最高だった。これはぜひビルバオ観光の…

世界遺産であり、世界最古の運搬橋「ビスカヤ橋」に運搬される

ビルバオは、アートと建築でがんばってるリノベーション都市なのだが、鉄鋼産業都市だった歴史があるので、その面でも興味深いものがたくさんある。 その最たるものが、世界遺産であり、世界最古の運搬橋といわれる「ビスカヤ橋」。 運搬橋なるものの存在を…

新造船「SEA SPICA」で巡る「瀬戸内しまたびライン」西向き航路乗船記

瀬戸内海汽船によるおしゃれな新造船「SEA SPICA」で、半日ずつののんびりクルーズが企画されていると教えてもらって、早速行ってきた。 瀬戸内のことはもともと好きなのだが(岡山とか高松とかにしょっちゅう行くのはそのせいである)、もっと好きになる素…

伊根大満喫。海上タクシーから見る可愛い舟屋と、観光ガイド付きサイクリングツアーでちょっと遠くへ。(2019/9/16)

大興奮の舟屋宿泊の翌朝。あうらさんは素泊まりオンリーなので、唯一朝食の提供がある「舟屋食堂」にて朝ごはん。 町の中心部、観光協会の2階にある。いい天気ですね! 水面すれすれに家が並ぶのは何度見ても不思議でそして憧れる景色。 舟屋型の #あずまや …

天橋立観光船と回旋橋、伊根の舟屋宿泊(2019/9/15)

関西の旅3日目。 怒涛の楽しさに、帰ってきてからしばらくぼんやりしていた、愉快な仲間たちとの天橋立・伊根ツアーがいよいよスタート。 仲間と合流する前に、天橋立観光船。 1日に1本だけ、道の駅近くの宮津桟橋から出るロングコースがあり、絶対にこれに…

「例の丸いやつ」で大阪中之島一周の水上さんぽ&天橋立へ(2019/9/14)

去年9月の関西訪問は、(私の旅では珍しいことではないが)コンテンツ盛りだくさんの珍道中だった。 まず一晩中、かもめさんの船に乗ったあと blog.tokyo-esca.com そのまま寝ずに(いや、私は船の上で結構寝てたけども……)、例の丸いやつに乗りに行った。 …

御舟かもめの「osaka botel」で、一晩中舟の上(2019/9/13)

いつもお世話になっている大阪の「御舟かもめ」さんが、毎年夏に行うちょっとどうかしてる(褒め言葉)企画、「osaka botel」。 満月の夜に一晩中、舟に乗り続けて、かもめさんの設定してるクルーズコースはほぼ網羅できるという、とんでもない(褒め言葉)…

夢に見たアトミウムのエスカレーターと、ブルージュ運河クルーズ(2019/5/2)

もはや何度も乗ってすっかり慣れた電車に乗って(写真がない)、今日の目的地ブリュッセルへ。 いやー、ヨーロッパってすごいよね、街並みがいちいち感動的で。 地下鉄駅のエスカレーターで、なんだかえらいことになってる人 トラムに乗って 終点のなんかす…

アントワープ聖アンナトンネルの木製エスカレーターと港湾クルーズ(2019/5/1)

タクシー乗ったら正面じゃない入口に着いたけど、ロッテルダム中央駅かっこいいよ。 今日はここから電車に乗って、ベルギー入国。アントワープ中央駅。 エスカレーターが踊り場付きだった。ThyssenKruppの踊り場つき、レア! アントワープ中央駅もかっこいい…

ロッテルダム港湾クルーズとキンデルダイクの風車群(2019/4/30)

今日のホテルの朝食会場もおしゃれ。Room Mate Brunoというホテル。 今日はエラスムス橋をトラムで渡る。 渡った先の橋のたもとに、水上バスや、クルーズ船の乗り場がある。 今日はロッテルダム港湾クルーズを1人分だけ予約しているので、ここで両親と分かれ…

アムステルダム運河クルーズとエスカレーター巡り、ロイドホテル宿泊(2019/4/28)

アムステルダム到着は朝の6時ごろ。 オランダの人たちは、なんだか知らないけどとにかく明るい。 めちゃくちゃに明るくてフレンドリーな入国審査を抜けて、予約したタクシー(と思ったら予約できてなかったけど、若干安めの予約定額料金で運んでくれた)でス…

9/17 ダムヌンサドゥアック水上マーケット、センセープ運河、そしてまだまだ終わらぬエスカレーターの旅

昨日の夕方、ホテルでごろごろしながら最終日の行程を考えていて、水上マーケットに行くか、それともアユタヤに行くか。と悩んでいたら午前中に水上マーケットに行って午後にアユタヤに行くというよくばりプランがあって、5分ほど悩んだのだけど、市内に戻っ…

9/16 チャオプラヤー川とエスカレーターハンティング

朝起きて、まずはルンピニ公園の朝市で朝ごはんを。 地下鉄スクンビット駅。エスカレーターというかVISAがすげぇ。 ルンビニ公園はこんな感じの水辺の公園で、朝のランニングをする人で賑わっていたのですが、まず入り口のところで大音響の音楽を流しながら…

ニューヨークのスタテン・アイランド・フェリーに乗ってきた

マンハッタンとスタテン・アイランドを結ぶ、24時間運行の通勤用フェリー。自由の女神が(ちっちゃく)見えるので観光客にも人気、ニュージャージー州にじつは結構たくさんあるインフラ構造物も鑑賞できます。

香港のスターフェリー

香港島と九龍を結ぶフェリー。現在、地下鉄が通っているのでわざわざ乗る必要はないのですが、ターミナルも船もじつにひなびた感じで素敵。手軽にヴィクトリア湾のクルーズを楽しめます。

ロンドン・ダック・ツアーズ

とっても目立つ水陸両用車に乗って、ロンドン市内を陸からちょっと観光、最後はテムズ川をちょびっとクルーズ。イギリス情報局秘密情報部の脇にある秘密の(?)スロープからどーんとテムズ川に入っていく体験は楽しいです。

サン・マルタン運河クルーズ

映画「アメリ」で有名なサン・マルタン運河のクルーズは、何箇所もある二重の閘門(ロックゲート)を使ってがつんがつん水位を変え、可動橋をがつんがつん動かし、最終的にはバスティーユの地下水路をどーんと通ってセーヌ川へと出る、怒涛のインフラクルー…

水郷朱家角の遊覧船

上海近郊に複数ある水郷のなかでも、昔ながらの古民家をリノベーションしたゲストハウスやカフェが連なり、のんびりした雰囲気が人気の朱家角(ジュージャージャオ)。遊覧船に乗ると、運河に向かって建てられた水辺の街を「正面から」堪能できます。

佐野造船所のオーダーメイドクルージング

タモリ倶楽部などのテレビでも取り上げられた、かっこいい木造船「Dover」によるオーダーメイドクルージング。1人からでも貸切可能で、東京・横浜・内房周辺まで、どこでも連れて行ってくれます。

小樽運河クルーズ

北海道の一大物流拠点であった小樽運河を約40分で周遊するクルーズ。小樽の歴史を感じられる魅力的なコースです。

熊野川舟下り

「川の熊野古道」と呼ばれ、かつては後鳥羽上皇なども下ったといわれる熊野川を、エンジンつきの小さな木造船でゆくクルーズ

御舟かもめのドボククルーズ

巨大アーチ式水門や、ジャンクションなど、大阪の現役港湾設備を堪能できる楽しいクルーズ

5/13 小樽へ

会社の合宿でLCCに乗って北海道まできた。新千歳空港からニセコまでの道のりはどこまでもずっと白樺林が続いていて、北海道ってぜんぜん違うんだなとずっと感動していた。 翌日、倶知安駅から函館本線というのに乗ってひとり小樽へ。 北海道は外にエスカレー…

4/9 江東区花見クルーズと、LIXILブックギャラリーはほぼコミケ

川の野田さんに誘ってもらって、久しぶりのお花見クルーズ。 今年の花見は、週末だいたい雨で難しかったですね(毎年そうともいえる)。でも、みづはなら全員屋内に乗れるので大丈夫。 船は日本橋を出発して、門前仲町へ。懐かしい〜。 雨ですけど、門仲の防…

8/13 鬼怒川ライン下りと、日光のイギリス&イタリア大使館別荘

栃木旅行の2日目。 「鬼怒川ライン下りは、乗らなくていいんだよね?」と聞く父に(数ヶ月前から旅行の計画を綿密に立てるタイプのひとです)、え、乗るけど。と答えたところ、2日目朝いちばんの便を颯爽と予約してくれた。 熊野川で舟下りしたときの船頭さ…

4/29 ひとりの神戸と7人の物好きによる夜ドボククルーズ(前夜チャーター編)

旅の思い出がたまっていく一方なので、写真の整理はもうあきらめて、位置情報だけで先に記憶を記録しておく。 ゴールデンウィークは告知したとおりの大阪ツアーに出ていた。スケジュールのつめこみすぎを(自分でつめこんだのだが)非常に心配していたのだが…

大阪の水辺のここが好き

水辺先進国、大阪の素敵な水辺を愛ではじめてからずいぶんたつのですが、ご存知ない方もいると思うので、その魅力をまとめておこうかと思います。 4/29、4/30に実際に愛でるツアーも予定しており、まだ空きがありますので、「すごい!愛でたい!」と思った方…

5/23 圧巻のバリシップ

尾道のホテルは、私のわがままで街並みが一望できる山の上のホテルをとったので、とっても楽しみにしてたんだけど、抜群の景色でありました。わーい。(夜の山道の運転すごく大変そうだったけど)

9/13 佐野造船所の木造船で豪華クルーズの旅

チーム川の面々に誘ってもらって、佐野造船所の木造船に乗ってきた。 佐野造船所はご家族で運営されている小さな造船所なのだけど歴史は古く、船長さんが「趣味で」「自分が乗るために」作られたかっこいい木造船によるクルーズが話題になって、テレビで取り…

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0