移動の記録

ライター田村美葉の個人ブログです。2019年8月から多拠点生活をしています。

伊根大満喫。海上タクシーから見る可愛い舟屋と、観光ガイド付きサイクリングツアーでちょっと遠くへ。(2019/9/16)

大興奮の舟屋宿泊の翌朝。あうらさんは素泊まりオンリーなので、唯一朝食の提供がある「舟屋食堂」にて朝ごはん。 町の中心部、観光協会の2階にある。いい天気ですね! 水面すれすれに家が並ぶのは何度見ても不思議でそして憧れる景色。 舟屋型の #あずまや …

天橋立観光船と回旋橋、伊根の舟屋宿泊(2019/9/15)

関西の旅3日目。 怒涛の楽しさに、帰ってきてからしばらくぼんやりしていた、愉快な仲間たちとの天橋立・伊根ツアーがいよいよスタート。 仲間と合流する前に、天橋立観光船。 1日に1本だけ、道の駅近くの宮津桟橋から出るロングコースがあり、絶対にこれに…

「例の丸いやつ」で大阪中之島一周の水上さんぽ&天橋立へ(2019/9/14)

去年9月の関西訪問は、(私の旅では珍しいことではないが)コンテンツ盛りだくさんの珍道中だった。 まず一晩中、かもめさんの船に乗ったあと blog.tokyo-esca.com そのまま寝ずに(いや、私は船の上で結構寝てたけども……)、例の丸いやつに乗りに行った。 …

御舟かもめの「osaka botel」で、一晩中舟の上(2019/9/13)

いつもお世話になっている大阪の「御舟かもめ」さんが、毎年夏に行うちょっとどうかしてる(褒め言葉)企画、「osaka botel」。 満月の夜に一晩中、舟に乗り続けて、かもめさんの設定してるクルーズコースはほぼ網羅できるという、とんでもない(褒め言葉)…

奥三河再発見ツアー『魅惑の粟代鉱山軌道』で、セリサイト採掘坑道と田口線跡を見学(2019/6/15)

豊鉄観光の魅力的なツアー、「魅惑の粟代鉱山軌道」に参加するために、豊橋へ。 早起きが苦手なので豊橋で前泊して、なんか餃子をテイクアウトして食べたの覚えている。 赤のれん - 豊橋/餃子 [食べログ] 翌朝、豊橋駅前からバスに乗る。 www.toyotetsu.com …

タリスの一等車とスキポール空港、日本帰国(2019/5/3)

日本へ帰る日。 アムステルダム→ロッテルダム→アントワープ→ブリュッセルと乗り継いできた電車、ブリュッセルから一気にスキポール空港まで乗るので、タリスのちょっといい車両をとった。 ゴージャス。 駅でわざわざ時間とって朝ごはんを調達してたのだが、…

夢に見たアトミウムのエスカレーターと、ブルージュ運河クルーズ(2019/5/2)

もはや何度も乗ってすっかり慣れた電車に乗って(写真がない)、今日の目的地ブリュッセルへ。 いやー、ヨーロッパってすごいよね、街並みがいちいち感動的で。 地下鉄駅のエスカレーターで、なんだかえらいことになってる人 トラムに乗って 終点のなんかす…

アントワープ聖アンナトンネルの木製エスカレーターと港湾クルーズ(2019/5/1)

タクシー乗ったら正面じゃない入口に着いたけど、ロッテルダム中央駅かっこいいよ。 今日はここから電車に乗って、ベルギー入国。アントワープ中央駅。 エスカレーターが踊り場付きだった。ThyssenKruppの踊り場つき、レア! アントワープ中央駅もかっこいい…

ロッテルダム港湾クルーズとキンデルダイクの風車群(2019/4/30)

今日のホテルの朝食会場もおしゃれ。Room Mate Brunoというホテル。 今日はエラスムス橋をトラムで渡る。 渡った先の橋のたもとに、水上バスや、クルーズ船の乗り場がある。 今日はロッテルダム港湾クルーズを1人分だけ予約しているので、ここで両親と分かれ…

オランダ現代建築をめぐる1日 – ロイドホテル、アムステルダム東湾岸エリア、キューブハウス、マルクトハル(2019/4/29)

ロイドホテルの朝食会場はとても素敵だった。 元監獄なので、当時の雰囲気がちょっと感じられるフロアもある。 かっこいいホテルだったな! アムステルダム、午前中は八馬先生の本にしたがって、東部湾岸の再開発エリアをお散歩することに。ロイドホテルから…

清川村の生活

鶴巻温泉のほぼ貸切拠点での自主隔離生活を経た後、緊急事態宣言後は、清川村の固定拠点で村民生活を送っている。 住民票も村にうつした。カブが清川村ナンバーになって、かわいい。 住民票を移すために、こんな時に迷惑かしらとか思いながら「村役場」に出…

カブで秦野の桜を観に行った

神奈川には、鎌倉や茅ヶ崎にADDress拠点が複数あるのだが、どこも大人気。予約も取りづらかったのだが、鶴巻温泉に2拠点一気にオープンして、とても便利になった。通いの家守さんチームが管理してくださってる拠点で、人少なめが好きな私はとてもリラックス…

特に意識していなくても生活が丁寧になる不思議な桃源郷、益子

房総半島を一周して帰ってきてからは、都内での取材がちょくちょくあったので、主に神奈川の拠点をウロウロ周遊してたのだが、写真を振り返ってみると、そうだ、益子にも行っていた。カブでいけるかも、とか思ってたんだけど、まだ全然寒いしなんなら雪予報…

大磯の茶屋町路地で体感する質の高い田舎暮らし

ADDressの拠点が充実している神奈川エリア。 カブでの移動で、北鎌倉、茅ヶ崎、鶴巻温泉、清川とそれぞれ30分ずつと、すごく手頃な距離にある。しかも、どの道も、海が見えたり川があったり山があったり、とても気持ちが良い。 茅ヶ崎から鶴巻温泉への移動の…

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0