移動の記録

ライター田村美葉の旅行記です。2019年8月から多拠点生活中。愛車リトルカブに乗って全国をウロウロしています。

一宮「豚のつかさ」、太東崎灯台、「角八本店」「カフェレストランポッシュ」「くろねこ舎」

御宿を経由して、一宮へ。 雨つづきのため、ほとんど何も活動しなかったのだが(本当はボディボードデビューとかしようと思っていたのだが、サーフィンに雨関係ないですよ、と言われたが、また今度である)、そういうときもある。 活動はあまりしていないが…

千倉のへだてパスポート、「Horne cafe」、製麺パーティー、「ローズマリー公園」

千倉のADDress拠点は、千倉駅ではなく、千倉漁港のすぐ近くにある。海(ただし漁港)まで徒歩1分ぐらい。前回、房総半島半周をしたとき、予約のタイミングが合わずスルーしていたのだが、ほぼ、真横ぐらいの道を通ってたことが判明した。このあたり、房総半…

館山「TSUNE hostel」「中村屋」「モンカレー」

鶴巻温泉から、鎌倉を経由して南房総へという、すっかりおなじみのコース。 フェリーに乗って金谷港についたらおなじみの「海辺の湯」でちょっとゆっくりしてから行こうと思っていたのだが、乗る前の久里浜港到着の時点ですでに雨でびしょ濡れになってしまっ…

秦野「ふーが餃子房」、愛川町「カフェひとあし」、久しぶりの電車、台湾、温泉、パフェ

小田原から鶴巻温泉の拠点への移動には、「中井広域農道」というところを通るのだが、これがカブで走るにはとても良い道である。春は桜が綺麗だったし、ほどよい山道で、次々に風景が移り変わって、飽きることなく走っていける。 秦野市というところは、東海…

フィット感のある小田原暮らし

清里での生活を満喫したあとは、小田原へ。 本当は長野の拠点をいろいろ転々としようと思っていたのだが、関東方面での仕事が発生しそうな気配だったため、また150km走って今度は海側へ戻る。 景色の良いルートから行きたかったので、あえてちょっとだけ遠回…

清里と八ヶ岳、三分一湧水滑り台

DAY1 2ヶ月間、自主隔離生活を送っていた清川村から、清里へ移動する。 道志みちを通って山中湖へ抜け、 河口湖を眺めながら北上する楽しいルート。 なのだけど、予想はしていたが駐車場など閉鎖中のところも多く、途中休憩に寄ろうと思っていた道の駅など開…

清川村の生活

鶴巻温泉のほぼ貸切拠点での自主隔離生活を経た後、緊急事態宣言後は、清川村の固定拠点で村民生活を送っている。 住民票も村にうつした。カブが清川村ナンバーになって、かわいい。 住民票を移すために、こんな時に迷惑かしらとか思いながら「村役場」に出…

カブで秦野の桜を観に行った

神奈川には、鎌倉や茅ヶ崎にADDress拠点が複数あるのだが、どこも大人気。予約も取りづらかったのだが、鶴巻温泉に2拠点一気にオープンして、とても便利になった。通いの家守さんチームが管理してくださってる拠点で、人少なめが好きな私はとてもリラックス…

特に意識していなくても生活が丁寧になる不思議な桃源郷、益子

房総半島を一周して帰ってきてからは、都内での取材がちょくちょくあったので、主に神奈川の拠点をウロウロ周遊してたのだが、写真を振り返ってみると、そうだ、益子にも行っていた。カブでいけるかも、とか思ってたんだけど、まだ全然寒いしなんなら雪予報…

大磯の茶屋町路地で体感する質の高い田舎暮らし

ADDressの拠点が充実している神奈川エリア。 カブでの移動で、北鎌倉、茅ヶ崎、鶴巻温泉、清川とそれぞれ30分ずつと、すごく手頃な距離にある。しかも、どの道も、海が見えたり川があったり山があったり、とても気持ちが良い。 茅ヶ崎から鶴巻温泉への移動の…

少しずつ、近づく東京

上総一ノ宮以降、茂原、習志野、と、少しずつ東京に近づいていった。 習志野なんてもう、蘇我、千葉駅を通り越しているので、ほぼ都内である。 ちょくちょく、都内での用事がある2月だったので、房総半島から「出勤」することもあったのだが、上総一ノ宮から…

凛とした空気の漂う茂原の古民家カフェ「コーヒーくろねこ舎」と、白子温泉の河津桜

御宿から上総一ノ宮へ移動の日。 御宿、上総一ノ宮、茂原と、外房線沿いには各駅でADDressの家ができるんじゃないか?というレベルで家ができまくっており、カブでの移動も楽勝。 なのだけど、11時のチェックアウトから14時のチェックインまでの時間を利用し…

猫の日の御宿

御宿の家にはホスピタリティ高めの猫がいる(野良)。 人を見かけると駆け寄ってきてまずはゴロンゴロン。 そのあと、足元にスリスリ。 近い近い近い。 「御宿 ランチ」で調べて食べログ1位だった蕎麦屋さん、「幸七」に行った。ここも、ランチタイムドンピ…

フラワーラインが本領を発揮する2月の南房総カブツーリング

南房総はもう春である。 鎌倉に泊まっていたのは、また東京湾フェリーに乗って、房総半島をカブでウロウロしようという目論見のため。目論見大成功で、全体的にご褒美感強めの行程になった。 去年、台風の直撃を受けた南房総。屋根がブルーシートに覆われて…

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0