東京エスカレーターの移動の記録

エスカレーターマニア。原付カブで旅をします。

元採石場「オホーツク庭園」の氷の滝

紋別の観光情報を調べていて見つけた「オホーツク庭園」。 大正12年から昭和32年までの35年間、紋別港建設のための捨石として採石事業が行われた跡地とのことです。 昭和54年に神社と隣接してるから庭園にしちゃえ、ということで、採石でできた岩壁を利用し…

紋別の流氷砕氷船「ガリンコ号Ⅲ IMERU」に乗りに行く(流氷ナシ)

2020年7月に大分県佐伯市での進水式を見学した「ガリンコ号Ⅲ IMERU」。 2021年2月、紋別でデビューしたとのことで、はりきって乗りに行きました。 進水式の様子はこちら。 blog.tokyo-esca.com 道北の1月末〜3月ごろには、「流氷観光シーズン」というのが存…

紋別の「カニの爪」は夜光る

タイトルそのままです。無駄にかっこいい。 カニの爪(オブジェ) | 紋別観光案内所 昔は海に浮いてたらしいぞ。 関連する謎オブジェ blog.tokyo-esca.com

駅前モニュメント *2022.1.14更新

駅前のバスターミナルとかロータリーとかにぽっかりとあるなんでもない空間に、なんとなく建てられている駅前モニュメントを撮りためている。 観光名所・名物 地名 偉人 匿名の人物 抽象モチーフもしくはモチーフ不明 観光名所・名物 礼文島/豊漁(昆布漁)…

西海市の「七ツ釜鍾乳洞」周辺の地形がなんかすごい

西海市にある「七ツ釜鍾乳洞」は国指定の天然記念物で、生成年代が新しい世界でも珍しい鍾乳洞だそうです。35ほどの洞穴が発見されていてまだ全貌は分かっていないものの、そのうちのひとつ「清水洞」が観光できます。 清水洞はいかにも観光洞という感じです…

大浦天主堂と長崎市東山手伝統的建造物群保存地区

幕末の開国に伴って造成された長崎居留地。在留外国人のために整備された国宝の大浦天主堂、そして重要伝統的建造物群保存地区に指定されているいくつかの洋風住宅があります。 なんでこんなおどろおどろしい字体を選んだのだろう 長崎市東山手伝統的建造物…

原爆により崩れ落ちた浦上天守堂旧鐘楼

原爆の爆心地に近い浦上天守堂や平和公園の近くには、原爆の被害を伝えるためにいろいろなものが残されていました。 浦上天守堂旧鐘楼と被爆したレンガ 爆心地公園 長崎刑務所浦上刑務支所跡 松山町防空壕跡 浦上天守堂旧鐘楼と被爆したレンガ 浦上天守堂の…

長崎のガウディ建築(ではない)「聖フィリッポ西坂教会」

長崎駅すぐ近くの坂の上に、「え、日本にもガウディ建築ってあったんだ!?」と一瞬思うような個性的な教会があります。昭和の初め頃にガウディ建築を日本に紹介した今井兼次氏による設計。豊富秀吉の命令で処刑された26聖人の殉教の地に建っています。

唐津の建築めぐり

ちょうどいいサイズ感の海沿い城下町「唐津」。 ざっくり歩いて見て回れる建築をまとめました。 旧唐津銀行 辰野金吾記念館 旧高取邸 城下町の石垣 唐津城 旧唐津藩校中門 唐津市民会館

唐津くんちの曳山がかわいい

ユネスコの無形文化遺産に登録されてる「唐津くんち」。 曳山展示場にいくと、年中曳山を見学できるのですが、これがめっぽう可愛くておすすめです。

呉湾 艦船めぐり「夕呉クルーズ」で自衛隊のラッパを聴く

かつて「東洋一の軍港」と謳われた呉湾には、今も海上自衛隊の潜水艦や護衛艦がいっぱい集結しており、造船所もあるのですが、ほぼ毎日運航している「呉湾艦船めぐり」の船に乗ると、その全てを海から観察することができます。 特に日没15分前に出発する「夕…

メカメカしい宮島の大鳥居

これは2020年10月の写真ですが、厳島神社の大鳥居は令和元年から修理工事のためメカメカしい足場の組まれた状態が続いているようです。かっこいい。 【2021/10/4更新】大鳥居 修理工事について | 社団法人宮島観光協会|新着情報

広島の「雁木」と、乗れる船いろいろ

東京のようにがっちり柵があったり、がっちり鍵のかけられた船着場があるのではなく、誰でも自由にアクセスできる広島の河川は、かねてより羨望の的です。 明治〜昭和ごろのものといわれる石積みの護岸には、潮の満ち引きに対応できる階段状の船着場「雁木」…

沖縄島建築めぐり

沖縄旅行の素敵なガイドブック、『沖縄島建築』に載ってたり載ってなかったりするかっこいい建築をめぐりました。 沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶 (味なたてもの探訪) 作者:岡本 尚文 トゥーヴァージンズ Amazon 那覇市庁舎 沖縄ホテル 美浜アメリカン…