読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たった一人、自分しかいない世界の社会学『インターネットで死ぬということ』

過剰な自己愛で他人を振り回し迷惑かけがちな私にとって、北条かやさんの存在というのは他人事ではなく、「尊敬していた人からまっとうな叱りを受け、軽蔑される」という、我々にとって最もキツいシチュエーションを彼女がどのように克服しようと考えたか、…

どんなひとにも悩みはある、という単純な話になんかほっとする。『サブカル・スーパースター鬱伝』

「うつ病」に関する知見のレベルというのはここ数年で一般的にすごく上がってきたと思うのですが、この本は「2011年2月まで(震災以前)」に「クイック・ジャパン誌上」で「サブカル男は40歳を超えると鬱になる」という牧歌的な仮説をたててゆるくインタビュ…

自分が何者であるかわからないあの4年間をいまさらそっと抱きしめる『最後の秘境 東京藝大』

自分で買っておいて読むのが辛くてしばらくおいておいた本だったのですが。読んでみた感想としては、辛いのは非常に陳腐で下衆で低俗な煽り文句の並ぶ帯(10万部突破バージョン)のみで、中身は多数の藝大生のインタビューをそのまま色眼鏡も脚色もなく収録…

「からっぽの女の子」が世界を救うアニメ『けものフレンズ』は、ほぼ『あまちゃん』

『あまちゃん』を放送から遅れること2年後、NHKオンデマンドで全話ぶっとおしで見て人知れずあまロスになった悲しい思い出からここぞとばかりに盛り上がりに乗じています。 『あまちゃん』(故郷編)と『けものフレンズ』の類似点はこんな感じです。 ・主人…

【まとめ】生きづらさを感じるすべてのひとにすすめたい物語のまとめのまとめ

これまでにまとめてきた、「生きづらさ」をとっかかりとする物語(映画・文学・漫画)のまとめのまとめを作っておきます。 尚、すべてのまとめに「あまちゃん」が出てきます。「あまちゃん」を見ればすべての生きづらさは解決するということかもしれない。 …

平凡に幸福にはなれなかった、経験値の高いすべての人たちへ。『夫のちんぽが入らない』

こだまさんは、間違いなく女子をこじらせている人である。自分に極端に自信が持てないがゆえに、求められるがまま「都合のいい女」になってしまうひと。たたみかけるように次々と起こる不幸は、なんでこだまさんにばかり……と涙するほど理不尽なこともあれば…

こんなふうに誠実に「女」と「エロ」に向き合うことを私はしてこなかったな。『女子をこじらせて』

こじらせ読書ももう4冊目であるが、私は「女」をこじらせてはいないことは、読む前からわかっていた。もちろん、モテないし、「クラスで一番太っている」とか、「同級生がどんどん結婚して子どもを生んでいる」などは、虚栄心の塊であり両親の期待を内面化し…

「病的な虚栄心」と寄り添って生きていくということ。『東大助手物語』

私のよく見る夢のひとつに、「大学受験の前日なのに、なんの勉強もしていない、やばい」というものがある。それって結構普通かもしれないけど、ちょっと普通じゃないのは、その「大学受験」というのが、「いったん大学を卒業してもう1度入り直す」ための試…

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』を読んで振り返る私のうっとうしい高校時代

タイトルの通りであり、本を読んだ感想にかこつけた読む価値のさほどない自分語りだが、こじらせ読書の2冊目である。 『勉強できる子卑屈化社会』読んだときと全く同じであるが、私は「サブカル」ではなかったんだ!ということがわかってとてもスッキリとし…

『勉強できる子卑屈化社会』を読んで、自分は「勉強できる子」ではなくただの「感じ悪い子」だったんだナァとスッキリする、など。

私の様々なこじらせの部分にモロに触れてくるタイトルなので、読めないし、読めなくてつらい。という本がこれまでに何冊かあったのだが、そのうちの1冊だ。それらのこじらせについてあらためて整理する必要に迫られ、意を決して今回こじらせ関連書籍を一挙…

【まとめ】MUSICビデオの中の"トーキョー"アゲイン〜サチモスは2010年代にあらわれた湘南乃風なのか

最近出てきたミュージシャンで"トーキョー"的MV撮ってるひとを発見したので久しぶりにネチネチと鑑賞してみた。サチモスである。

2/16 吉祥寺「百年」で偶然エドワード・バーティンスキー、そのほかの散財

本屋さんの取材をすると、取材で得られる原稿料がそのまま本に消えていってよくわからない感じになる。問題である。 『東京大改造マップ』と、『東京この30年』 上が2017年、大山顕さん撮影の渋谷。(『東京大改造マップ』) 下、右が1952年、左が1984年。(…

1/2 金沢でトーマス・ルフふたたび

実家の壁にルフ先生の巨大ポートレートが小さく貼られている(小さくても巨大、矛盾)のを見つけ、聞くと招待券をもらったとのことだったので、21世紀美術館へ。 21世紀美術館は天井の低い小さめの展示室、天井の高い大きな展示室とがランダムな感じの配置で…

『君の名は。』の破綻しない全部盛りと『ユーリ!!! on ICE』の反復ともう一度『シン・ゴジラ』と(言葉にならない『この世界の片隅に』と)

2015年のベスト映画は『はじまりのうた』と『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で、この2つは私にとっての「上京」を確かめなおす、というような大切なものになった*1。 2016年はずっと菊地先生の連載を読んでおっかけていたので「映画」…

12/30 冬コミ所感

冬コミお疲れ様でした。 これはみんな絶対必要に違いない、と誤ったマーケット感覚で多めに印刷した、『メーカー判別読本』ですが、1.5倍印刷して1.5倍会場に持ち込んだところ、いつもの2倍速で売れてゆきまして、結果として13時過ぎには200部プラス印刷会社…

【まとめ】買ってよかった「偏愛本」2016

ひとつのものに異常な愛情をかたむけ、同じものを集め続けた「偏愛本」が好きです。 以前には、偏愛エンタメを専門とする書評的コーナーも書かせてもらっていました(あれは楽しかった)。 買ってよかった〜、読んでよかった〜まとめの横行する年末、私も便…

新刊「メーカー判別読本」通販開始&『マツコの知らない世界深夜SP』出演のおしらせ・そして懺悔

コミックマーケット91で頒布する「別冊東京エスカレーター 06 メーカー判別読本」についてですが、爆速でマニマニさんが委託販売を開始してくださいました。 コミケに先立って、通販にて新刊の入手が可能です。 初版価格(648円)+送料(210円)で手に入り…

12/24 ソウルよれよれ旅行4日目:タワーにのぼる

ソウルよれよれ旅行の4日目。ソウルタワーにのぼります。

12/23 ソウルよれよれ旅行3日目:スパイラルエスカレーター巡礼とある試練

12/23 ソウルよれよれ旅行3日目。よれよれがピークに達した日。

12/22 ソウルよれよれ旅行2日目:美術館をめぐる1日

誕生日〜クリスマスまでのソウルよれよれ旅行2日目。美術館をめぐるなどしますが、主な感想は「天気が悪かった」です。

12/21 ソウルよれよれ旅行1日目:明洞エスカレーターツアー

誕生日〜クリスマスにかけてのソウルよれよれ旅行の1日目。いきなり韓国のエスカレーター事情を目の当たりにして旅の目的を半分以上達成してしまいます。

12/30 コミックマーケット91 金曜日 東h-17a「東京エスカレーター」出展のおしらせ

コミックマーケット91出展いたします。 新刊「メーカー判別読本」頒布いたします。エスカレーターに興味がない人でもこれは必要だろうな、と思っていつもより多めに印刷してしまいました。マーケット感覚が取り戻せません。デザイン的に気になるところはいろ…

【11/23(祝)開催】京急にそってひたすら空港まで歩くツアー

京急線に沿って、生麦〜羽田空港まで大散歩します。 全長15kmぐらい(首都高Circle1の1周に匹敵)。 途中疲れたら京急に乗ります。 途中参加、途中抜け、すべて自由。 いつもどおりの、適当に集まって適当に歩くイベントです。 どなたでもご参加ください。 …

華やかな過労死『サプリ』

『サプリ』は新卒で博報堂に入社し、広告プランナーとして活躍される傍ら、漫画家としても執筆を続けていたパワフルな女性、おかざき真里さんの代表作のひとつである。 (以下多分にネタバレを含みます)

10/8 「中川翔子のマニアまにある」収録日記

BS日テレの「中川翔子のマニアまにある」世界一狭い趣味 ニッチマニアスペシャル第2弾に出演いたしました。 ちょっと急なことだったので、安定のランドマークプラザ様のほかはディレクターさんがサイトに載っているエスカレーターを全機みて(なにげにすごい…

10/7 益子散歩

取材で、益子に行った。 益子のメインストリートは陶器市の会場にもなり、観光地として整備された道路になってるのだが、駅前からの道沿いには地元の人向けの小さな商店や民家がふつうに並んでいて、その中に超立派な茅葺のお家があったり、民家が改装されて…

大泉洋が好きすぎてつらい『駆込み女と駆け出し男』

『真田丸』をきっかけに(遅い)大泉洋が好きすぎてつらい私は、洋ちゃんの出てる作品を水曜どうでしょう全話一気見に始まり、ありとあらゆるものまで見ている最中なのだが、この作品は「大泉洋」を堪能するための作品として現時点でトップレベルであった。…

10/2 代官山って山なんだな、そしてTOP museum

引越してからというもの美容院難民である。 今日は横浜で探すのが面倒になって代官山の美容院を予約、ついでに恵比寿の写真美術館あらため、TOP Museumへ行こうという行程。 湘南新宿ラインで渋谷駅の新南口、そこから並木橋交差点を目指すと、代官山の登山…

9/19 塩田千春「鍵のかかった部屋」、大きなお風呂、小津安二郎

万葉の湯の朝風呂タイムに行くのである、と思っていたものの、起きたら朝風呂タイムの終わった時間だったので、ま、いーやと諦めまして 神奈川芸術劇場の展示を見に行く。 室内は撮影推奨で皆こぞって撮影ポイントを探していた。いわゆる「インスタ映え」し…

9/18 原美術館『快楽の館』と国立近代美術館『トーマス・ルフ展』

この日はいろいろ美術館をまわる日と決めてたので、まずはだいぶ前からチェックしていた原美術館の篠山紀信展『快楽の館』へ。 原美術館というのは御殿山の上にあって、東京で山があるってえと御屋敷街であり、御屋敷といえば大使館である。 美術館のすぐ手…

9/17 祐天寺、武蔵小山

この連休はきっちり外出する。がテーマの土曜日。チェックしていたスポットをめぐるのと、ウワッツラー散歩を兼ねて、学芸大学から祐天寺、武蔵小山までをめぐる。 ウワッツラー部分だけ順にご紹介。 学芸大学の高架下建築がやけにおしゃれなことになってい…

これは恋の物語なのか?『最強のふたり』

脊髄損傷で首から下を麻痺した大富豪フィリップと、移民の介護人ドリスの友情の物語。フィリップとドリスの、ふたり一緒に過ごした幸せな時間が、本当に幸福すぎて、観ている最中「ずっと終わってほしくない」と思っていた。フィリップのためを想うドリスの…

闘病記録としての『トゥルーマン・ショー』

今年の芸能界ニュースで私にもっとも衝撃的だったものといえば、現時点でSMAP解散ではなく「ASKAの日記」騒動だ。 それは、元チャゲ&飛鳥のASKA氏が、統合失調症の一症状と思われる「集団ストーカー」「盗聴」の妄想に取り付かれ、取り付かれたまま周囲の制…

8/20 ふたたびの鹿島

なかいさんに誘ってもらってさとこちゃんと3人で新日鐵住金鹿島製鐵所の見学へ。 www.nssmc.com 年に数回ある一般見学の受付日で、電話と、勤務先と年齢まで記載したFAXが必要という申込手順を経る。勤務先と年齢ってハードル高いな〜と思ったけど、技術情報…

8/14 コミケお疲れ様でした

8/14は待ちに待ったコミケだった。 前回と前々回は、申し込みをし忘れる(しようと思ったら期限過ぎてた)という初歩的な失敗で参加できず。久しぶりだったので、いろいろと張り切ってしまった。 予行演習もし、ポスタースタンドなどの新道具もそろえていど…

8/13 鬼怒川ライン下りと、日光のイギリス&イタリア大使館別荘

栃木旅行の2日目。 「鬼怒川ライン下りは、乗らなくていいんだよね?」と聞く父に(数ヶ月前から旅行の計画を綿密に立てるタイプのひとです)、え、乗るけど。と答えたところ、2日目朝いちばんの便を颯爽と予約してくれた。 熊野川で舟下りしたときの船頭さ…

8/12 大谷資料館

夏休み。栃木に旅行に行っていました。 じつは初めて来た大谷資料館。 例によってなにも知らないまま連れてこられた両親が、「え、こんな大きいの!」と言ってました。 これ、全部人力で運び出したって、大変なことだよ〜と社会科見学気分の高まる展示もあり…

私はゴジラとともに生きている 『シン・ゴジラ』(ネタバレあり)

いい映画を観て、観るべきだとか、観てほしいとかオススメする趣味は私はないのだが、何度も観たくなる映画だ。 以下ネタバレ多め。

8/14 コミックマーケット90 3日目 西め-01a「東京エスカレーター」出展のおしらせ

1年半ぶり。コミックマーケット出展いたします。 新刊「香港特集」頒布いたします。今回、7日納期、宅配搬入に間に合うなどスケジュール的には余裕だったのですが、早速、初版に重大な間違いをいくつか発見して(いつものこと)へこんでいたりするのですが…

母娘関係のメジャー化と脱構築 映画『海街daiary』

吉田秋生さんといえば、『BANANA FISH』に代表されるような、「THE・父殺し」のマッチョなアクション漫画を描く方、という印象であるが、最新作の『海街diary』は、鎌倉の街を舞台にした日常を丁寧に描いた、今までの作風とは少し違った作品である。 海街dia…

4/29 ひとりの神戸と7人の物好きによる夜ドボククルーズ(前夜チャーター編)

旅の思い出がたまっていく一方なので、写真の整理はもうあきらめて、位置情報だけで先に記憶を記録しておく。 ゴールデンウィークは告知したとおりの大阪ツアーに出ていた。スケジュールのつめこみすぎを(自分でつめこんだのだが)非常に心配していたのだが…

【5/1 10時〜18時】大阪JCTツアー2016 【ツアーご出発の最終案内です】

集合時間: 5/1(日)9:50 10分前集合にてよろしくお願いします! 自己紹介などしまして、10時になったらおいていきます! 集合場所: 阪神電車「淀川駅」改札外 海老江JCTの最寄駅です。 コース: こちらも地図だけ。前回の大山総裁主催コースとほぼ同じで…

【4/30 14時〜18時半】大阪エスカレーターツアー【ツアーご出発の最終案内です】

集合時間: 4/30(土)13:50 10分前集合にてよろしくお願いします! 自己紹介などしまして、14時になったらおいていきますので! 集合場所: 梅田スカイビル「1階」エスカレーター下の入り口付近にて コース: 写真で詳しく紹介してしまうと興ざめですので…

【まとめ】大阪の水辺のここが好き

水辺先進国、大阪の素敵な水辺を愛ではじめてからずいぶんたつのですが、ご存知ない方もいると思うので、その魅力をまとめておこうかと思います。 4/29、4/30に実際に愛でるツアーも予定しており、まだ空きがありますので、「すごい!愛でたい!」と思った方…

心の真ん中にどかんと居座る暴力的な愛『バケモノの子』

おおかみこどもの雨と雪、につづいて、普通とはちょっと違う家族のお話をファンタジーを通して描いたシリーズである。娘である雪の気持ちにも、花の気持ちにも簡単に移入できたおおかみこども、と違って、ただただ父親に対しては「娘」でしかない私は傍観者…

【4/29〜5/1大阪開催】高架橋脚ファンクラブ&東京エスカレーター共催 大阪3DAYSツアー

4/29〜5/1まで大阪に行くのでいつも通り予定を詰め込んだ結果こうなりました。ご興味のある方はぜひ一緒に行きましょう。一部、船のチャーターなどがあり人数が限られますのでお早めに。<4/29(金)>A. 11時半〜13時 したしむふね ※要予約、神戸市の抽選。…

3/26 横浜への愛が4倍に

ブランズの新作がきた。 ポエムの内容は変わってないが横浜への愛が深まった結果、大きさが4倍になっている。

3/19横浜マンションポエム

舞い散るバラにリアルを問われ、愛が深まっていた横浜マンションポエムだったが、新手のがきた。最後の夢。もう最後なの、みなとみらいって。て思ったら「最後」のところにコメ印があって「今後変更になる可能性があります」て書いてあった。さすがである。

3/17狛江駅前で小田急感

全部別件なんだけど横浜から小田急沿線に直行する仕事がまたも。武蔵小杉、登戸で乗り換え、いざ狛江。シュロ神社狛江の南口からの駅前は、いきなり車の通らない細い商店街で、おおこれこれ、これぞ東京。これぞ小田急。な感じでした。そのあと新宿で乗り換…

3/14 西日暮里から綾瀬へ

仕事でもないとなかなか降りない駅に降りるのは楽しい。横浜に引っ越してから荒川を渡ることが滅多になくなったので綾瀬行きは楽しかった。iPhoneは相変わらずフォトジェニックなままだけど一応記録。最近コレクションしている「駅前崖」。これは歩道橋の感…