東京エスカレーター|田村美葉

地味かっこいいものが好きなライター。エスカレーターにちょっと詳しいです。新たな「かっこいい」を求めて2019年8月から多拠点生活中。

山口井筒屋のスパイラルエスカレーター

【お知らせ】 エクスナレッジさんから、エスカレーターしか載ってないすごい本が出ました。『すごいエスカレーター』フルカラー160ページ、ぜひ買ってね。よい本です。→『すごいエスカレーター』


2014年日本列島半分ぐらい縦断の旅。

広島に泊まった翌日は、山口井筒屋のスパイラルエスカレーターを見るために、山口駅へ。

 

f:id:tamura38:20140227093409j:plain

山口駅は、山口の県庁所在地であるにも関わらず、なんか内陸にあって山陽本線の電車が通ってない。そのため、広島から新山口へ新幹線、そこから山口線に乗り換えて行ったはずだ。これはその電車を撮ったんだろう(電車の知識が無さすぎて当てずっぽう)

 

駅から離れているのでまた少し歩くのだが、山口の県庁所在地っぽくなさにちょっと驚くなどしていた。

 

f:id:tamura38:20140227100224j:plain

また何やらかっこいい建物。これは山口県林業会館、らしい。

 

f:id:tamura38:20140227100445j:plain

優雅なタイプの #野良イス

 

f:id:tamura38:20140227101012j:plain

そして駅から少し離れたところにアーケード商店街があった。山口井筒屋は百貨店なのだが、このアーケード商店街の中に立地している。

 

f:id:tamura38:20140227101124j:plain

お、IZUTSUYA と書いてある。この中にスパイラルがあるのだな。と思っていたら、

 

f:id:tamura38:20140227102825j:plain

中じゃなくて外にスパイラルエスカレーターがあって、再び驚く。アーケードがあるとはいえ、屋外ですよね。

 

f:id:tamura38:20140227101805j:plain

私の知る限りでは、屋外にスパイラルエスカレーターがあるなんていう場所は、今のところここしかない。

f:id:tamura38:20140227101824j:plain

残念ながら、「節電のため停止中」であった。

f:id:tamura38:20140227101854j:plain

スパイラルエスカレーターと「駐車禁止」の似合わなさよ。「駐車禁止」て。そりゃそうだろうけれども。

 

f:id:tamura38:20140227102015j:plain

この井筒屋、なかなかに立派な百貨店なのでありまして。

 

f:id:tamura38:20140227102142j:plain

マネキン設置のセンスが素晴らしい。

 

f:id:tamura38:20140227102317j:plain

とても良い。

 

f:id:tamura38:20140227102357j:plain

そして上階にはひとり乗りエスカレーターが。良い。

 

f:id:tamura38:20140227102608j:plain

ちなみに、スパイラル以外のエスカレーターは日立製。

 

その後、また駅まで歩いて戻った……という記憶だったのだが、米子と同様、写真を振り返ってみるとどうも駅とは反対方向に歩いているのよね。

 

f:id:tamura38:20140227103957j:plain

クリエイティブ・スペース赤れんが。大正時代に書庫として建てられたものをリノベしたところ。

 

f:id:tamura38:20140227103725j:plain

また「マイ橋」が気になっている。


f:id:tamura38:20140227105234j:plain
f:id:tamura38:20140227105158j:plain

細い路地へと続いた「マイ」かどうか曖昧なものもあった。

 

f:id:tamura38:20140227103921j:plain

f:id:tamura38:20140227103931j:plain

マイ橋を追っていたら、またちょっと風情ある感じの水辺に辿り着いた。おそらく「一の坂川」だと思われる。

 

f:id:tamura38:20140227105531j:plain

f:id:tamura38:20140227105753j:plain

そのあと暗渠を追うなどしていた。

 

また新山口まで戻って、新幹線で続いては小倉へ。

 

2014年2月のSpottizmo!ログ

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0