読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューヨークの愛され鉄道高架(めじゃないぜ)


さてここで舞台は墨田区から海を越えてニューヨークへ。

いま、ニューヨークでは鉄道高架が愛でられている。

それも日本のドボクブームとはちょっとちがうやりかたで。

なんせ、Baldwinのホストファミリーに「チェルシーにあるHighlineを見に行こうと思う」と言うと「あそこは素敵よ!!」とオススメしてくれるくらい、ポピュラーな、まっぷるにも載ってる鉄道高架なのだ。


って、言われても、高架橋脚ファンクラブ代表である私ですら信じ難かったが、行ってみたらどうしてなのかすっかりわかりましたよ。


だってほら、じゃーん。

DSC06667


DSC06663

かっこいいよね。ポピュラーよね。


DSC06619

で上がほら、緑化されてるんですよ。


DSC06623

かっこいいベンチとか置いてありますし


DSC06631

なんか皆さん最高に居心地よさそうですし


DSC06622

ごごーんとかつての鉄道駅(なのか?)に入っていきまして


DSC06625

ここではオープンカフェっぽくなっててアイスとか売ってたよ。


うん、上が気持ちいいのはわかった。じゃあ、高架下はどうなってるかといいますと


DSC06657

カフェになってる。


DSC06600

かと思いきや、世界共通、高架下駐車場。


DSC06650

かっこいいガソリンスタンド。


日本の高架だってこのように・・・とか言うのは私の本分ではないし実際廃線跡が愛でられてるケースは日本でもたくさんあると思うんだが、高架橋脚ファンクラブとしてはこれだけは言っておこう。橋脚でいうとニューヨークの橋脚なんてこう細くてぜんぜん物足りないぜ。日本の橋脚はやっぱ最強、最高。



参考リンクとか

ニューヨークのまっぷるにも載っている鉄道高架

そうだそうだ、自分で記事書いてた。ニューヨークに行った理由のひとつだったよこれ。


『フレンズ・オブ・ハイライン』

鉄道高架の公式ホームページ。かっこいいっす。