船とエスカレーター

船に乗ったりエスカレーターに乗ったりする旅行記中心のブログです。なかの人は田村美葉です。

台湾のベランダ

この秋の台湾旅行では、主にベランダを収集していました。 空港について、電車にのって、ホテルにたどりついて、それから鼎泰豊の本店に向かって、一息ついて外に出たら、そこにベランダがあったからです。 おもしろかったなぁ。 収集2日目に、朝ホテルの窓…

死ぬまでに一度は見るべきエスカレーターランキング(2017年版)

初めまして、エスカレーターマニアです。 と挨拶した場合、次に 「どこのエスカレーターが1番好きですか?」 と聞かれる確率98%なので(残りの2%は「僕/私、あそこのエスカレーター好きです」と言ってくださる。そういうの歓迎)、「こちらをご覧ください」…

虎ノ門ヒルズと青山スパイラル「窓学」

夕方に渋谷で用事があり、どうせ都内に出るならとなんとなく虎の門。 虎の門ヒルズ、森ビルの新しいビルならばエスカレーターをチェックしなければ、と思い続けて幾星霜。 都内の再開発で未来的なエスカレーターがばんばんつけられてたのは汐留、丸の内あた…

【まとめ】なにか集めがちな人のための初めてのWEBサイト作成ガイド

なにかひとつのことに異常に関心を傾け、写真に撮ったりして集めがちな人のために、それを発表する場としてのWEBサイトの作成の仕方をまとめます。 といっても、書いているのは「始めたときはブログすらなくて、HTML手打ちでインフォシークにFTPで手動アップ…

【まとめ】ずっとずっと撮り続ける

なにかひとつのことに異常な関心を傾けるひとたちをまとめます。 新規の追加はTwitterハッシュタグ「#なにかを写真に撮って集めてる人のサイト」から拾っていますので、参加してみてください。 #なにかを写真に撮って集めてる人のサイト - Twitter Search #…

【まとめ】初めてのコミックマーケット偏狭サークル参加ガイド

今年のコミックマーケットも大変楽しかったです。ご来場くださった方、誠にありがとうございました。次の冬コミももちろん参加しますよー! と思っていたところ、なんと申込を忘れてしまいましてね……。 冬コミの申込を忘れるのはこれが初めてどころではない…

映画『火垂るの墓』感想:節子が象徴するものってなんだ

夏なので、『火垂るの墓』を観ました。 おそらく20年ぶりぐらいでしたが、衝撃だったのは清太さんが映画冒頭で死んでいたことです(冒頭カットバージョンがあるそうなので、前回見たのはカットバージョンだったのかも)。勝手に、妹を亡くしたあとはひとりで…

【まとめ】そもそもなぜエスカレーターですか? PingMagインタビュー全文ほか

約4年ほど前、PingMagという英文メディアに取材を受け、そのとき詳細にエスカレーター趣味について文章にしたのだけど、PingMag自体がなくなってしまったので、そのときのインタビュアー、ウイリアムさんへのメール返信文をそのまま収録しておこうと思います…

映画『美女と野獣』感想:マイノリティの恋愛について

実写版の美女と野獣を見て、大変に感動してしまった。 たしか美女と野獣は子どもの頃に劇団四季のミュージカルで見たことがあったのだけど、まったく違う見方をし、まったく違う移入の仕方をしている自分に驚いた。 簡単に言えば、エマ・ワトソン氏演じるベ…

8/12 C92 土曜日 東5ホール ヘ-39b 「東京エスカレーター」出展のお知らせ

コミックマーケット92出展いたします。 新刊「上海」のほか、前回、大変好評だった「メーカー判別読本」をなんと重版してしまったのでたくさん持っていきます。そのほか、バックナンバーもすべて買えます。よろしくお願いします。 出展概要 出展イベント:コ…

6/24 寺もあじさいも見ない鎌倉散歩

神奈川の西のほうに行く用事があったので、ついでに鎌倉に買い物しに行こう〜と思って行ってみたら、とんでもない人出であった。ホームから改札を出るのすら一苦労の人ごみの中、アナウンスで「江ノ電は現在30分待ちです」などと流れている。おろろ。昼食を…

6/23 『片山正通的百科全書』感想と「偏愛」の定義

片山正通的百科全書 Life is hard... Let's go shopping.|東京オペラシティアートギャラリー 美学の研究室にいたときに教授から言われたのは「優れたものの鑑賞眼を得たいときには、そうでもないようなものもたまに見るとよい」ということで、オペラシティ…

5/18 代々木上原、富ヶ谷、原宿

取材で代々木上原に行くことになり、おそるおそる降り立ってみたのだが、すごく下町っぽい雰囲気の街だった。以前、白金高輪に行ったときにも思った。団地家の吉永さんが、「人気のある団地ほど高齢化する(出て行かないから)」とおっしゃっていたが、なる…

5/14 札幌へ

8時に宿を出て、小樽港のほうをウロウロする。観光地化している倉庫群と地続きで本気の港湾施設が稼働しているのが実に良い。 押しボタンが押しボタンではなくて「触れボタン」だった。寒いから? お土産物屋さんが集う堺町通りへ。この日、飛行機の時間まで…

5/13 小樽へ

会社の合宿でLCCに乗って北海道まできた。新千歳空港からニセコまでの道のりはどこまでもずっと白樺林が続いていて、北海道ってぜんぜん違うんだなとずっと感動していた。 翌日、倶知安駅から函館本線というのに乗ってひとり小樽へ。 北海道は外にエスカレー…