東京エスカレーター|田村美葉

地味かっこいいものが好きなライター。エスカレーターにちょっと詳しいです。新たな「かっこいい」を求めて2019年8月から多拠点生活中。

小樽運河クルーズ乗船記

【お知らせ】 エクスナレッジさんから、エスカレーターしか載ってないすごい本が出ました。『すごいエスカレーター』フルカラー160ページ、ぜひ買ってね。よい本です。→『すごいエスカレーター』


かつて北海道の一大物流拠点であった小樽運河を約40分で周遊するクルーズ。中央橋から南はかつてのレンガ倉庫をリノベーションしたレストランが並ぶ観光地ゾーン、北には未だ現役で使われているかっこいい倉庫もあり、小樽の歴史を感じられる魅力的なコースです。

乗船レポート(2017年5月13日)

DSC01233.jpg

小樽駅から外に出ると、まっすぐの広い道の先、海が見えて感動する。

DSC01246.jpg

その、まっすぐ海まで歩いて行った先、中央橋のたもとが小樽運河クルーズの発着点。 小樽運河は、戦後に倉庫を壊し、運河を埋め立てて道路とする計画が持ち上がった際に、市民活動により倉庫と運河の半分を保存することとなり、小樽の大きな観光資源となったという歴史がある。

DSC01245.jpg

待合室の照明が浮玉でかわいい。

DSC01247.jpg

船は屋根ナシだが、シートヒーターがついていてぽっかぽか。

DSC01254.jpg

DSC01258.jpg

DSC01267.jpg

DSC01272.jpg

DSC01274.jpg

DSC01281.jpg

南運河にある倉庫はすべて観光レストランなどが入っている。びっくりドンキーのざっくりしたテラス席が良い。

橋をくぐって小樽港を眺め(この日は強風で港に出られず)、もうひとつ橋をくぐると、船の停泊所になっている北運河。こちらにある北海製罐の工場は現役。

DSC01289.jpg

DSC01297.jpg

この建物がやっぱりダントツに格好よくて、しかも現役で使われているということだったので素敵。

DSC01306.jpg

DSC01309.jpg

DSC01313.jpg

DSC01340.jpg

擬態する卸売市場もちょっといい。

DSC01327.jpg

この船は、カフェと貸し音楽スタジオになっていた。

DSC01338.jpg

日本郵船の建物は、重要文化財。なんで運河沿いじゃないんだろう、と思ってあとで陸路で行ってみたら、手前は「運河公園」になっていた。おそらく、かつてここから運河が伸びていたのだとおもう。

DSC01354.jpg

DSC01356.jpg

ゆっくり周遊、解説も充実していて、現存の小樽運河を存分に堪能できる良いコース。

全行程動画

※発着地が異なりますが、コースほぼ同じです

クルーズ詳細

開催日 毎日。毎月第4火曜日午前中は運休。
時間 3月時点で10時〜19時半の30分ごとに運航。運航便数は時期ごとに変動。強風など荒天時は運休。
発着場所 小樽中央橋
所要時間 約40分
料金 大人1,500円 小人500円
予約方法 各便出発15分前までに乗船所で直接購入。または電話予約

※最新情報は公式サイトでご確認ください

https://otaru.cc/

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0