移動の記録

『できるだけがんばらないひとりたび(KADOKAWA)』発売中!ライター田村美葉の個人ブログです。建築・アート・ジオ・インフラツーリズムなど、ほんのりマニアックな旅の情報をお届けします。2019年8月から多拠点生活中。

大磯の茶屋町路地で体感する質の高い田舎暮らし

ADDressの拠点が充実している神奈川エリア。

カブでの移動で、北鎌倉、茅ヶ崎鶴巻温泉、清川とそれぞれ30分ずつと、すごく手頃な距離にある。しかも、どの道も、海が見えたり川があったり山があったり、とても気持ちが良い。

 

茅ヶ崎から鶴巻温泉への移動の途中で、気になっていた大磯にちょっと寄り道した。

 

www.goodrooms.jp

 

IMG_1278.jpg

まずは、ミシュランにも掲載されているタイ料理の名店「マッサマンカレー」(またカレー)。マッサマンカレーは世界美食No.1とか言われている料理なのだそうで、なるほど、癖になる味わい。それにしても、カレーだけで365日過ごしても特に問題ないほどいろんなバリエーションがあるものだな。

 

IMG_1280.jpg

そのあと、駅前にカブを止めて、ちょっと入ったところにある「茶屋町路地」へ。

 

IMG_1284.jpg

IMG_1283.jpg

パン屋さんやカフェ、クラフトのお店などが集まっている。

 

IMG_1287.jpg

カフェの一角にある「Lee's Bread」は、行列のできる人気店。

 

IMG_1286.jpg

IMG_1285.jpg

パンを買って、紅茶をいただいて。

 

IMG_1288.jpg

クラフトのお店をちょっとのぞいて

 

IMG_1289.jpg

駅前で野菜を選んで。

 

大磯は、平塚のお隣の小さな街なのだけど、政治家の別邸が多く集まっていたりなんだりの歴史があるそうで、現在に至るまで、文化度がすごく高い街なのだった。

東京都心の「住みたい街」よりもよほど洗練された質の高い暮らしができる「田舎」である。

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0