移動の記録

ライター田村美葉の個人ブログです。2019年8月から多拠点生活をしています。

清川村の生活

鶴巻温泉のほぼ貸切拠点での自主隔離生活を経た後、緊急事態宣言後は、清川村の固定拠点で村民生活を送っている。

 

f:id:tamura38:20200416122403j:plain

住民票も村にうつした。カブが清川村ナンバーになって、かわいい。

住民票を移すために、こんな時に迷惑かしらとか思いながら「村役場」に出かけたのだが、手続きしてる人、私以外おらず。全部で1時間ぐらいは待たされた世田谷区役所と比べると、やはり「人口は少ない方が暮らしは豊かである」という説を支持せざるを得ない。

 

都市をたたむ  人口減少時代をデザインする都市計画

都市をたたむ 人口減少時代をデザインする都市計画

  • 作者:饗庭 伸
  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

f:id:tamura38:20200428165623j:plain
f:id:tamura38:20200428164535j:plain
近所にはたくさんの畑と、養豚場があって、道の駅で新鮮な野菜、ついでに豚肉や美味しいソーセージ、ベーコンなんかが手に入るのはありがたい。4月は毎日、巨大なタケノコが山盛り売られていた(これでも小さい方)

清川村コンパクトシティ(意味が違う)で、村役場、道の駅、小中学校、幼稚園、郵便局と診療所が、ほとんど同じエリアにぎゅっとまとまっていて、拠点もその徒歩圏内にあるので、非常に利便性が高い。それと、ドラッグストアでありスーパーでありホームセンターであり電気屋である、田舎暮らしの味方「クリエイト」と、観光拠点であり生鮮食品の直売所である道の駅が同じく徒歩圏内。「今日はどんな野菜入ってるかなー」なんて思いながら買いに行くのが楽しい。

 

といっても、奥多摩の方の東京都の「村」に比べて、神奈川唯一の「村」である清川村は、秘境感は少ない。宮ヶ瀬ダムダム湖を中心とした観光地であり、厚木、本厚木、海老名といった巨大ベッドタウンまで車で20分くらいのエリアでもあり、ちょっと走って厚木市に入ると、団地や整然と並ぶ分譲住宅地なんかもすぐある。東京から山梨のキャンプ場へ向かう有名な413号線、412号線ルートにも近いし、相模湖周辺にキャンプ場もたくさんあるので、デイキャンしに来る人も多い。

 

f:id:tamura38:20200414135808j:plain

中津川の河川敷も、無料の野営地として有名になってる。有名なとこからちょっと外れた場所でいそいそとチェアリング。

 

f:id:tamura38:20200421134234j:plain

七沢森林公園も、ちょっとした息抜きにぴったりの公園。1周歩くとそこそこの運動量になるハイキングコースが整備されている。

 

f:id:tamura38:20200416124943j:plain

宮ヶ瀬ダムダム湖も、ちょっと走ればすぐ。

f:id:tamura38:20200320114847j:plain

村唯一のパン屋さん「HEAVEN」。とても小さいが、美味しいパンが揃ってる。

f:id:tamura38:20200417154308j:plain

クリエイトと道の駅の弱点、魚不足を補ってくれる魚屋さん「魚武」

f:id:tamura38:20200417195124j:plain

その場でさばいてくれたマグロのお刺身と、道の駅で安く買える巨大な椎茸で夜ご飯。美味しい。

4月の最初のうちは、リモートで仕事しながら、お昼は息抜きにカブで近所の散歩に出かけて、美味しいテイクアウトのお店や、ランチにいい場所の探索を楽しんでいたのだが、ゴールデンウィークに近づくと、そういう雰囲気でもなくなってきた。東京から気軽に行ける景勝地なので、鎌倉・湘南方面と同様、行き場所がなくなったたくさんの車やバイクが都内からやってきて、止むを得ずGW期間はほぼ全ての公園、駐車場、道の駅も閉鎖。

 

なにかのインタビューで、翻訳家の柴田元幸先生が「旅行や観光は、先進国の特権階級だけに許された身勝手なふるまいだ」というようなことをおっしゃっていて、私はそれが印象に残っていて時々そのことについて考えるんだけども、「インバウンド」の大きな影響から数年経って、また「旅行とはなにか」「観光とはなにか」みたいなことをもう1回考えなきゃいけないような場面になってるのかな、と思う。それはたぶん「いい方向」に変わっていくんだろうなって気もしてる。

 

とにかく今は、たった1ヶ月ですっかり村民きどりの私は、「村での暮らしの、何がこんなに気に入ってるのだろうか」みたいなことをよく考えてる。

f:id:tamura38:20200427162052j:plain

1ヶ月、ずっと同じ景色を見ているけど、飽きないのである

 

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0