読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エスカレーターメーカーの見分け方 その1

おしらせ 

この記事の内容をブラッシュアップしたものはこちらです。

@nifty:デイリーポータルZ:エスカレーターメーカーを見究める

 

書籍(同人誌)もあります。

books.tokyo-esca.com

 

以下の記事はだいぶ古いですがとりあえず残しておきます。

(しかも「その1」しかありません)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

mixiのエレベーター・エスカレーターコミュで教えてもらったこと。

それは、エスカレーターメーカーの見分け方。

 

f:id:tamura38:20090413012121j:image:w400

ふつう、日本メーカーのエスカレーターはこのようにコの字型。

 

f:id:tamura38:20090413012139j:image:w400

それが、都営線大門駅の改札内エスカレーターは、「つの字型」

 

f:id:tamura38:20090413012253j:image:w400

この、手すりの下部分が直線のタイプはシンドラー社製のエスカレーターの特徴なのだそうです。すごい!ほんとだ!

 

正直な話、いままで三菱はやっぱりすごいとか東芝は派手好きだとかてきとうなことは言いつつメーカーまで細かく気にしていなかったのですが、そう言われるととても気になったので集めてみました。

f:id:tamura38:20090413014804j:image:w400

f:id:tamura38:20090413014805j:image:w400

いつも見慣れているのはこういうタイプ。

(下のはいささかぼろぼろすぎるのが気になりますが本題と関係ないので無視してください)

 

f:id:tamura38:20090413014803j:image:w400

これはOTIS。海外メーカーだからと言って「つの字」タイプになるわけではない。

 

f:id:tamura38:20090413014801j:image:w400

これは副都心線明治神宮前駅にあった、HITACHIの最新のもの。なんかコの字型がなよっとしている!

 

f:id:tamura38:20090413014802j:image:w400

これはFUJITECH。この写真のどこかで歴然とそれがわかるのですが、どこでわかるかはまたの機会まで秘密です。

 

徐々に本格的に孤高の道へと突き進んでいる気がしますが、気づかないふりをしてまだまだいきます。