東京エスカレーター|田村美葉

地味かっこいいものが好きなライター。エスカレーターにちょっと詳しいです。新たな「かっこいい」を求めて2019年8月から多拠点生活中。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館とビルバオ新市街をウロウロする

【お知らせ】 エクスナレッジさんから、エスカレーターしか載ってないすごい本が出ました。『すごいエスカレーター』フルカラー160ページ、ぜひ買ってね。よい本です。→『すごいエスカレーター』


ビルバオは、鉄鋼産業中心の港湾工業都市だったが、20世紀末に産業が衰退。

奇才フランク・ゲーリーによるグッゲンハイム美術館を中心に、著名建築家によるカッコイイ建築とアートで再起を図った街である。

 

グッゲンハイム美術館対岸のホテルに宿をとり、翌朝、朝ごはんを食べに出かけると外はまだ真っ暗。

 

f:id:tamura38:20191229153948j:plain

サンティアゴ・カラトラバによるスビスリ橋。

f:id:tamura38:20191229154049j:plain

f:id:tamura38:20191229154406j:plain

f:id:tamura38:20191229155350j:plain

橋を渡ると、それに呼応する感じで美術館へのアプローチが続く

f:id:tamura38:20191229155250j:plain

f:id:tamura38:20191229155423j:plain

f:id:tamura38:20191229155448j:plain

f:id:tamura38:20191229155732j:plain

カッコイイ

f:id:tamura38:20191229170722j:plain

朝ごはん食べ終わったらだいぶ明るくなっていた

f:id:tamura38:20191229171420j:plain

f:id:tamura38:20191229171721j:plain

美術館の前の道を眺めてるパピー

f:id:tamura38:20191229171425j:plain

f:id:tamura38:20191229171431j:plain

まだ美術館が開かないのでいろんな角度から舐めるように建物を楽しむ

f:id:tamura38:20191229171914j:plain

美術館向かいの建物の窓もなんか波打ってた

f:id:tamura38:20191229171958j:plain

f:id:tamura38:20191229172540j:plain

f:id:tamura38:20191229172716j:plain

この橋の近くには、銀色の板の裏側が見える場所があった

f:id:tamura38:20191229172837j:plain

 

f:id:tamura38:20191229173232j:plain

f:id:tamura38:20191229173504j:plain

f:id:tamura38:20191229174743j:plain


 ぐるぐる回っていたら、開場時間になったので中へ。

スペインの美術館はほとんどがネットでチケットを買って決められた入場時間に入るシステムです。

 

f:id:tamura38:20191229180459j:plain

中もめっちゃかっこいいのであった

f:id:tamura38:20191229190858j:plain

 

中の作品は撮影禁止なのだけど、言語が分からなくても楽しめる展示も多く、面白かった。

 

f:id:tamura38:20191229200801j:plain

「パピーの正面から撮ってる絵葉書売ってたから、同じ構図で写真撮っといて」と言われて撮りましたが難しいです

このあと、旧市街の方の広場的なところや教会的なところにも行ったのだが、そちらは普通のスペイン地方都市の普通な感じだったので(若干人が多くて治安もそこそこで気疲れもする)、早々に戻ってきて、新市街の奇抜建築めぐり。

 

f:id:tamura38:20191229231544j:plain

コル・バロー・アーキテクトスによるバスク保健衛生局

f:id:tamura38:20191229232129j:plain

アルオンディガ・ビルバオ。ワイン貯蔵庫を文化施設にリノベーションしたもの。フィリップ・スタルクの設計。

 

f:id:tamura38:20191229232207j:plain

f:id:tamura38:20191229234145j:plain

ここ、「プールが下から見える」ので有名なんですけど

f:id:tamura38:20191229233953j:plain

なんとか場所を探し当てたものの、「おお!おお・・・う?」という感じだった(ガイドブックに載ってるような美しい感じに泳ぐ人は滅多にいない)

f:id:tamura38:20191230000354j:plain

そして我らがイソザキ・ゲート。

おまけ。夜ご飯を食べに行ったリベラ市場に、新発見メーカーのエスカレーターがあってこの日一番興奮した。

 

f:id:tamura38:20191230025957j:plain

f:id:tamura38:20191230030005j:plain

f:id:tamura38:20191230025931j:plain

 

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0