移動の記録

『すごいエスカレーター(エクスナレッジ)』発売中!ライター田村美葉の個人ブログです。建築・アート・ジオ・インフラツーリズムなど、ほんのりマニアックな旅の情報をお届けします。2019年8月から多拠点生活中。

夏本番!江戸川区一周船の旅(だったとあとからわかった)

 



 

 

日曜日、晴れて小型船舶免許を取得めされたオオノ船長の
MAIDEN VOYAGE(レンタルボートだからちょっと意味ちがうけど)に
光栄にもおつきあいさせていただくことになり、江戸川区をぐるっと一周してきました。

ツイッターで3日前に「船に乗る夢みた、船乗りたい」と起き抜けの寝ぼけ眼で書いてたら
「乗りますか」と誘っていただいたのが発端。ほんとうにインターネットだいすきよ。
集合場所に行ってみたらば、「今日は1日コースで4時間借りてますんで」とのこと。

本気です。さすが船長です。

「この橋、くぐれますか??くぐれますか???」 「いやまだ余裕ありますよ(茂森橋じゃないんだし)」
「じつはこのまえ、ガード下で車ぶつけちゃって、はっはっは」「...はっはっは!」

「水門くぐりますか!」「水門かっこいい!わーい!」
「うおー、これ、せまいなー、いけるかなー、いけるかなー」「...がんばって、船長!」

など、一部いつもと違うスリルを味わいながら
(嘘です。ぜんぜんいつもと変わらぬ安心感でしたよ、船長!)
船長、快調にとばし、私のいままでの乗船史上もっとも長い旅となりました。
(これもほんとは嘘。いちばん長いのは大阪から瀬戸内海ぬけて釜山行ったとき...若かった...)

なにせそんなこんなで乗るほうは完全に船長まかせの気まぐれコース。

帰ってきてGPSログをみて、
うっわこんな贅沢三昧江戸川区の半島一周(だいぶはみ出し気味)の旅だったのね!!!
とびっくりしてるところです。

あと、川と海の上はもうすっかり夏だった。


GPSロガーからの取り込みからgoogle earthの起動から2時間くらいがんばったけど、いまのところ半分ずつしかgoogle mapに表示できないのでこっち をクリックして、半分ずつみてください...あるいは、このまま後半、この半島をぐるっと一周した、と想像してください。




それにしても、東京の東のほうって、なんでこんなに魅力的なんでしょうか。

江東区だけでも超好き!って思ってたけど、江戸川区はまたそれとは別のよさが。

■かっこいい橋

 

古き良き日本の橋!

ああ、落ち着いたたたずまい。


かとおもえば、なんか遠くに使徒っぽいものが出現



絶対パターン青だこれ

ああ、この橋はかっこいいナァ

すごい洒落てるんだけど嫌味じゃない。

 六本木ヒルズというよりミッドタウンな感じだな(ごめんよヒルズ)

■かっこいい橋脚


はぐれ橋脚(完成前)


はぐれ橋脚(放置プレイ)

■かっこいい水門
 

なんか江戸川区の水門さんたちってば、いままで見てきた水門さんとスケールが全然違うのよ

ほら。

この水門さんはちょっと不思議。閘門??


■かっこいい橋と水門と橋脚とジャンクション...!




なんかすごいかっこいい橋が見えてきたと思ったら(葛飾ハープ橋)

すんごいかっこいい水門も見えてきまして

 

怒涛のドボクラッシュの綾瀬川に突入であります。

かちょいい水門!ここに住みたい!

堀切ジャンクション


小菅ジャンクション

うわー、綾瀬川って、船でくるとじつにヤバい川ですね。うわー、うわー。
ここは、寒風吹きすさぶ1月だったか2月だったかに、大山総裁につれられて
総勢30~40名で川沿いJCTツアーしたところですけども、
川沿いからだと端っこからみてた感じが、川からだともうど真ん中ですわ。贅沢だわ~。




あの憧れのV字橋脚がこんな間近に!!夢のようだわ~。

ちなみにオオノ船長はというと、電車への反応速度がじつにすばらしく、
ものすごく遠くから電車の姿を察知しては「○○線!」とか叫んでました。


 

本日の大ボス的巨大トラスをくぐり抜けると


そこはもう太平洋。

葛西臨海公園やディズニーランドを海から眺めつつ、江戸川へと帰還です。

やーたのしかった。オオノ船長、ありがとう。また何度でも乗っけてください。

動画は例のごとく、mechapandaさんが前から横から後ろから撮影されてましたので

もうすぐアップされることと思いますよ。

 
 
presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0