船とエスカレーター

船に乗ったりエスカレーターに乗ったりする旅行記中心のブログです。なかの人は田村美葉です。

パリ初日、サン・マルタン運河にいきなりノックアウト


パリ初日、いきなりだがこの日はサン・マルタン運河のクルーズを予約している。私はなにかっちゃあパリにきているので、2006年の初訪問から数えて4回目なのだが(行きすぎだ)、今回は、「シャルル・ド・ゴール空港のターミナル1から帰る」 という目的だけになぜか3泊する予定。パリでもセーヌ川あたりクルーズできたらいいなぁと思っていたんだが、「地元っ子のあいだではサン・マルタン運河が熱い」とこれもガイドブックに書いてあり、その運河、ふつうの観光船の定期クルーズがあるということ。

 

そもそも、バスティーユ徒歩10分の場所にホテルを決めたのも、バスティーユ前からサン・マルタン運河までつづく大通りが、見るからにアヤシイからなのだ。通りの真ん中に緑道がつくられていて、そのまま直線でつなぐと、サン・マルタン運河がセーヌ川に流れ込む、その導線になってる。こりゃあ絶対暗渠だな、と思ってたんだが。

 

P9269825.jpg

この道。どう考えてもあやしい。

 

サン・マルタン運河のクルーズは、Paris Canal と Canauxrama (カノラマ)の2社があって、 Canauxrama はバスティーユ発なんだが、「人気がある」というほうの Paris Canal はなんと、セーヌ川オルセー美術館前から始まっている。って、ことはだ。バスティーユのこの暗渠を絶対に通るってことじゃないですかー!マ・ジ・で・す・か!

 

これがそのコースです。超楽しみ〜〜。

 

クルーズは午後の便、ヴィレットのほうからオルセーのほうまで下るコースなので、午前中はまず徒歩で運河の構造物チェック。地図上サン・マルタン運河が「始まる」地点まで行ってみたんだが。うむ、やっぱり、この通りの下、トンネルになってる!!は、いいとして。いきなりロック・ゲートがお出迎えであった。しかも、2段式のやつ。

 

P9269831.jpg

 

ロンドンのGrand Union Canalと同様に、パリのサン・マルタン運河も、セーヌ川からスタートしてひたすら丘をのぼっていく。よって、ロック・ゲートでどんどん水位を変えて進むのだ。すごいシステムー。それと、このコースを定期便にしてくれちゃってるのが素敵すぎるー!

 

P9269837.jpg

ふあーしかもこの先暗渠化してる。ここを進むんだよね。そうですよね。

P9269849.jpg

2段目のほうは、歩道スレッスレの水位。ロックゲートを信頼してる感。好き。

P9269882.jpg

「アメリに出てきた運河」とかいうからすごく油断してたじゃないか(なぜ)。ロックゲートなくても運河自体もいい。好き。近所に欲しい。

P9269865.jpg

2箇所目のロック・ゲート地点には、橋がかかっていて、この橋も船がくぐれる高さにはないのだが、どうするかというと、これ、回転させちゃうのだ。ぎゃおーす。

 

P9269888.jpg

と、ちょうど船がやってきて、回転橋スペクタクルと2段式ロック・ゲートスペクタクルを観察できることに!わーい!

P9269889.jpg

あいたー!

 

P9269895.jpg

入ってきたー!幅ぎりっぎり。

 

P9269902.jpg

水位あがってきたーー!

 

P9269908.jpg

2個目に進んで。

 

P9269918.jpg

うわーそんなかぶりつき席があるんだ。私も後で乗るから〜!

 

ひとしきり堪能して、さて買い物でも、と思ったのだが、ガイドブックに10時開店とあったこのすぐ近くの素敵な雑貨やさんが11時開店でまだあいてない。諦めようかと思ったが、向かいのカフェに入って待つことに。ロンドンのPubと勝手がちがって、給仕さんが必ずききにきてくれ、支払いも席ですませるシステム。とてもおいしいホットショコラをいただく。

 

そうこうしてるうちに雑貨屋さん開店。ここはものすごくいいかんじだったので女子にもすすめておきたい(なんて店だったかさっぱり覚えてない)。

地下鉄で乗り場の最寄駅へ……行ってもよかったんだけど、運河がちょっと広くなってる地点が気になったので、少し手前で降りまして。

 

P9269941.jpg

降りるとこんな。パリの建築はちょっと気を抜くとロココ調に取り込まれる感じがおもしろい。そしてロココ調は日本の少女にとっては「お姫様」の世界として大変に馴染み深い存在。

 

P9269953.jpg

そして運河近くまでやってくると、どうも気になる引き込み線跡みたいなものもありつつ

 

P9269970.jpg

運河の周りは映画館があったり、かなり大規模に再開発された感じの気持ち良い公園になってました。 ラ・ヴィレット貯水池というところらへん。

 

P9269971.jpg

そして運河沿いにいい感じのレストランがあったので、ランチをいただくなどしている。なんだこの旅、優雅だなー。写真見てめちゃくちゃ美味しかったことを思い出した。パリはふらっと入ったところでも大体食べ物が美味しいので嬉しいですよね。

 

P9269972.jpg

一応テラス席で、一応運河ビュー。

 

P9269975.jpg

そしてロンドン同様、そのへんに泊めてある船がだいたいカフェとか本屋さんとかイベント会場とかになってます。

 

P9269985.jpg

貯水池沿いにホリデイインがあって、次回パリに来たらここに泊まろう〜って思ったりしていた。

 

P9269987.jpg

てくてく歩いて、またあやしい構造の橋を見つける。これはどんなふうに動くんだろー。

 

P9269990.jpg

うっわー持ち上がった!

 

P9269998.jpg

そして、Paris Canal の船が通っていきました。あれ、私が乗るやつかな。それにしても高さもギリッギリですね。完全にこの運河のクルーズのために作られてる船です。

 

P9260006.jpg

橋がもどって、何事もなかったかのように動きだすひとびと。いいなぁ。横浜にも1箇所ぐらい可動橋あればいいのに。

 

P9260024.jpg

さらにてくてく歩いて、さっきより大きな公園に、Paris Canalの船がとまってました。

 

P9260034.jpg

ここの先は、なんかこんな感じだったので、あ、終わりだな、と思って散策を終了したのだけど

 

P9260044.jpg

あとから船で見てたら、ここも動かしてたよね。ぜんぜんこの先も続く気満々の水路でした。

 

P9260038.jpg

ほとんど一番乗りでついたので船内探検。

 

P9260039.jpg

P9260040.jpg

ほとんど一番乗りでついたので船内探検。

 

P9260041.jpg

無事、かぶりつき席をゲットでき、出発です。

 

P9260056.jpg

さんざん予習したのでコースばっちり。ラ・ヴィレット貯水池を抜けてさぁいよいよロックゲートだー。

 

P9260060.jpg

P9260061.jpg

P9260064.jpg

うわーーー本当にかぶりつき。

 

P9260070.jpg

P9260075.jpg

P9260078.jpg

P9260080.jpg

P9260081.jpg

P9260088.jpg

P9260092.jpg

こんなの何回やっても楽しいよー!て思ったけど、本当に何回もやってくれるうえに1回1回いちいち時間がかかるので、最初は一緒にかぶりついてた他の乗客の皆さん(ほとんどがおじいちゃんおばあちゃん。団体の観光バスでやってきてた)は1回で飽きてましたね。私はといえばずっとかぶりつきのまま堪能しました。満足です。あと、絶対下ってくコースのほうが楽しいです。

 

P9260101.jpg

P9260109.jpg

P9260118.jpg

P9260129.jpg

あ、あのピンクのとこがおすすめの雑貨屋さんです(名前思い出せず)

 

P9260147.jpg

P9260153.jpg

P9260155.jpg

P9260160.jpg

P9260174.jpg

2階にものぼってみたけど、運転手さんが欧米のバスや電車の運転手さんと同じ、ものすごいラフな感じでいらしてちょっとびびる。

 

P9260184.jpg

そしてわーついに秘密の扉が開いたよー!(定期観光コース)

 

P9260189.jpg

P9260191.jpg

P9260208.jpg

P9260219.jpg

P9260225.jpg

照明はつけられてなくて、天井にあいた穴から明かりを取り入れるスタイル。ちょっとした神殿感あるよね。

 

P9260234.jpg

P9260238.jpg

出てみるとけっこう大きな港で、なんかわかんないけどたぶん映画の撮影みたいのしてた。

 

P9270248.jpg

この先いきなりセーヌ川につながってるのか。おおそうか。

P9270259.jpg

P9270265.jpg

P9270267.jpg

P9270268.jpg

この先、雨が降ってきてしまったので写真はないけど、セーヌ川はもうパリといえばのど直球おなじみの光景が広がっております。

 

このあと何してたかまったく覚えてないけど、写真がないってことは、たぶん美術館行くか買い物してた。

 

P9270283.jpg

そのあと、バスティーユ駅のホームから。パリにいたら絶対何度も通る場所だけど、ここがこんなふうに船溜りになってるなんて全然気づかなかったなぁ〜と。