東京エスカレーター|田村美葉

エスカレーターマニア / 心配性トラベラー。世の中をもっと役に立たないことで溢れさせねばという謎の使命に燃えています。

Google Mapに載ってるエスカレーター エスカヒル鳴門

【お知らせ】 エクスナレッジさんから、エスカレーターしか載ってないすごい本が出ました。『すごいエスカレーター』フルカラー160ページ、ぜひ買ってね。よい本です。→『すごいエスカレーター』


 

 

さて、毎日更新を心に誓ったのは昨年末なんですが、すっかりサボり癖がついてしまい、曜日ごとカテゴリーのルールも何がなんだかわからなくなってしまった今日このごろ。エスカレーターの紹介は「月曜日」の週1回と決めてたけど、週末にでかけるとは2~3基ずつ増えるわけで、あれ?どう考えても計算あわない??というわけで、カテゴリーはずっと「月曜日」でエスカレーターの記事を書いていきたいと思います。要は恒例のエスカレーターマニアック週間だぜ!待たせたね!週間と言いつつ手持ちのエスカレーターネタが尽きるまでいくよ!ついてきて!

 

マニアック一発目は、いきなりですが東洋一のエスカレーターです。

 

年末。なぜ親孝行旅行のはずがとんでもない強行スケジュールとなったかというと、これを観に行くためだ!

 

渦潮中心に全面的に公園となっている鳴門の丘の上に…

DSC00458

なにあれ!!

 

DSC00526

うわーなにこれなにこれ!

 

って、エスカレーターですよ。エスカレーター観に来たんだから。

と、期待を高めたり冷静になったりしながら

 

DSC00469

DSC00470

「東洋一」だって!!すげー!!

つっても長さだったらレオマワールドさんが日本一なんだけどねー!

と、興奮したり、冷静につっこんだりしながら。

 

DSC00473

エスヒル鳴門」だけあって、エスカレーターメインの案内図。

でも東洋一じゃないんだけどね~…(既に日本で2番目)

 

DSC00488

エスカレーター自体は想像どおり、いたって普通だったりします。

床板模様から推測するに、日立さんのお仕事。

 

DSC00491

でものぞいても先が見えない!ひゃほーい!

 

と浮かれたり冷静になったりしつつ、梅田スカイビルを知ってる両親は、やっぱり、なになに、これが日本一? え、日本一は違うの? あ、2番目? ふーんたいしたことないね、とか言っちゃってます。タムラ家的には、エスカレーター、長いだけじゃダメよね、というのはもう共通認識のようです。

ちなみに日本一の長さを誇るレオマワールドさんは、同じ四国内にあるのですが、公共交通機関ではたどりつけないハードルの高さだったので今回はパス。経営がなかなかにキビシイ状態らしいので、まぁまぁそこそこ人気があるふうだったエスヒル鳴門が日本一に返り咲く日も近いのでは…そしたら日本一は制したことになるからまーいっかなーとか…思ったりしてません!レオマワールドさん、私が行くまで待っててね!

 

DSC00479

のぼったさきの展望台にも、鳴門大橋、うひょー!な眺めが待ち受けてます。

 

<object width="425" height="336"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/phiAjvpQ_Y4"></param><param name="wmode" value="transparent"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/phiAjvpQ_Y4" type="application/x-shockwave-flash" wmode="transparent" width="425" height="336" FlashVars="movie_url=http://d.hatena.ne.jp/video/youtube/phiAjvpQ_Y4"></embed></object>

D

そしてやっぱり長いエスカレーターは下りのほうが俄然燃えます。

普通に乗ってて2分半もかかってるし!

 

DSC00481

でもね、このエスヒル、なにがすごいってやっぱり、このように地形にぴったし沿ってつくられたエスカレーターなところなんです。

 

そのため…


大きな地図で見る

googleマップにもばっちり載っちゃってるのだ!

エスカレーターの、手すりが!

 

と、いうわけで、なんだかんだいっても、エスヒル鳴門、やっぱり東洋一かも。

 

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0