東京エスカレーター|田村美葉

地味かっこいいものが好きなライター。エスカレーターにちょっと詳しいです。新たな「かっこいい」を求めて2019年8月から多拠点生活中。

新日本海フェリー「らべんだあ」で小樽から新潟へ

【お知らせ】 エクスナレッジさんから、エスカレーターしか載ってないすごい本が出ました。『すごいエスカレーター』フルカラー160ページ、ぜひ買ってね。よい本です。→『すごいエスカレーター』


北海道から帰る日。小樽港から新潟行きのフェリーに乗る。

 

f:id:tamura38:20200820152454j:plain

優雅にフェリーターミナルでお茶したり。

 

f:id:tamura38:20200820153840j:plain

新日本海フェリーは、舞鶴敦賀、新潟、秋田と北海道をつなぐ船。裏日本出身ではあるが、このフェリーも初めて乗る。

 

f:id:tamura38:20200820154613j:plain

バイクずらり。相変わらず生協の配達風味のリトルカブ

 

f:id:tamura38:20200820165948j:plain

この日は1日中、一生懸命陸から小樽港の港湾施設をいろいろ撮影してたのだが、そうか、小樽港から出港するということは、小樽港の写真が撮り放題だな、ということにここで気づく。

 

f:id:tamura38:20200820161748j:plain

 

f:id:tamura38:20200820170345j:plain

f:id:tamura38:20200820170416j:plain

陸から望遠ですごくがんばって撮ってた防波堤も、至近から眺められた(そりゃそう)。間近で見ると100年の歴史を感じないこともない。

 

f:id:tamura38:20200820170041j:plain

さよなら小樽。またきます。

 

f:id:tamura38:20200820160425j:plain

もはや懐かしのGo To Travel、フェリーにも適用されるという話だったので、はりきってツーリストSというちょっとだけいい部屋をとってる。

 

f:id:tamura38:20200820160500j:plain

ドミトリータイプではなくて、ちゃんと個室なのである。デスクやテレビまでついてて、いわゆるラグジュアリーカプセルという感じ。

 

f:id:tamura38:20200820161027j:plain

 

f:id:tamura38:20200820161149j:plain

行きに乗った「さんふらわあさっぽろ」と同じく、どこもかしこもピカピカ!!

 

f:id:tamura38:20200820161459j:plain

大浴場のあるフェリーはいいぞ。

 

f:id:tamura38:20200820161520j:plain

閉鎖中だったけど、なんか外の景色見ながらのフィットネスルームまであった。すごい。新日本海フェリーさんふらわあさっぽろより日中に乗る時間が長いので、暇を持て余す人がいるのかもしれない。

 

f:id:tamura38:20200820181021j:plain

また海を眺めながらご飯を食べています。

 

f:id:tamura38:20200820182530j:plain

早起き苦手族としては、朝日ではなく夕日がみられる日本海のフェリーはいいね。

 

f:id:tamura38:20200820185200j:plain

デッキでおもいおもいの時を過ごす皆さん。

 

f:id:tamura38:20200820185230j:plain

いそいそと持ち込んだセコマセットで乾杯。ビールはすぐ眠くなるので特に一人の時はあまり飲まないのだが、サッポロクラシックに関しては別で、飲むといつも幸福に包まれる。というか、いつも幸福に包まれている時間にサッポロクラシックを飲んでるのかもしれない。

 

\あさー/

 

f:id:tamura38:20200821085124j:plain

新潟港に着いたようだ

 

f:id:tamura38:20200821131842j:plain

今日の宿は十日町の山の中なのだが、とりあえず海岸線をひたすら南下していく。国道402号、352号と、ずっと海しか見えない最高の道だったので感動して写真を撮っているのだが、これ以上ないほど映えない撮り方だな。

 

f:id:tamura38:20200821121645j:plain

海沿いの道の駅でお魚バーガー(だったはず)食べたりもしていた。

 

f:id:tamura38:20200821150523j:plain

本日の宿は十日町の「醸す森」。2020年の泊まってよかったゲストハウスナンバーワンに輝いている。

 

f:id:tamura38:20200821150805j:plain

f:id:tamura38:20200821204916j:plain

いい宿だったなぁ。

 

www.dekirutabi.tokyo

 

このあと、長野のADDress拠点でしばらくワーケーションしたり、北海道でやらなかったキャンプをしたりして、神奈川へ戻る。

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0