だいたい毎日ひとり旅|田村美葉

2019年8月から多拠点生活中。原付カブでゆるく日本全国を走っています。

冬限定の「湖上横断!タウシュベツ橋ツアー」へ

帯広から路線バスでぬかびら温泉郷へ、ぬかびら温泉ユースホステルに前泊し、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターによる冬限定のツアー「湖上横断!タウシュベツ橋ツアー」へ。

 

www.guidecentre.jp

 

タウシュベツ川橋梁は、旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の代表的な橋。毎年8月〜10月ごろはダム湖に沈んでいるため、幻の橋とも言われている。

1月からダム湖の水位が徐々に下がって、湖面に姿を表す。冬は湖面が凍っているため、スノーシューを履いて湖面を横断して観に行くことができる。

f:id:tamura38:20190124094555j:plain

一般車両通行禁止の林道で車をとめ、林の中へ入っていく

f:id:tamura38:20190124092822j:plain

ここはかつての線路跡だそうだ

f:id:tamura38:20190124094916j:plain

f:id:tamura38:20190124095208j:plain

林を抜けると、糠平湖の上に出た。広い。遠くの方に、ワカサギ釣りにきている人がちらほらいた。

f:id:tamura38:20190124095448j:plain

f:id:tamura38:20190124095457j:plain

ところどころに「きのこ氷」が見える。「きのこ氷」とは、湖底に残されている切り株の上に乗った氷だけが、氷を乗せたまま湖面を突き破る現象。

f:id:tamura38:20210129203121j:plain

撮ってもらった写真。スノーシューを履いてエッサホイサと歩いていく。マイナス10度ぐらいとのことだったが、終始動いているのでそれほど寒くない。

f:id:tamura38:20210129203109j:plain

えっさほいさ。見えてきた。

f:id:tamura38:20210129203115j:plain

おおお。

f:id:tamura38:20200124110252j:plain

f:id:tamura38:20200124105459j:plain

f:id:tamura38:20200124105153j:plain

f:id:tamura38:20200124104757j:plain

f:id:tamura38:20200124103610j:plain

f:id:tamura38:20200124103429j:plain

f:id:tamura38:20200124110433j:plain

歩く距離は4kmほど。のんびりハイキングぐらいのペースで、橋の近くでたっぷり時間もとってもらえるので、じっくり堪能できて良いツアーだった。

写真にもある通り、いつ崩落してもおかしくないと言われているタウシュベツ川橋梁。長らく「いつか観に行きたい場所」フォルダに入れていたが、帯広・旭川からならバスでもアクセス可能で、思ったより近かった。夏も見に行ってみたい。

 

ちなみに、ちょうどお友達の見学日和さんが6月ごろのツアーの様子を記事にしていらっしゃったのでそちらもご覧あれ。

kengaku.hateblo.jp

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0