だいたい毎日ひとり旅|田村美葉

2019年8月から多拠点生活中。原付カブでゆるく日本全国を走っています。

リスボン・ベレン地区のジェロニモス修道院へ

ポルトから電車に乗って、ポルトガルの首都・リスボンへ。

リスボンに来た人なら絶対に訪れる「絶対観光地」の一つである、ベレン地区にあるジェロニモ修道院へ。当然、世界遺産

その前に、ジェロニモ修道院は行列がえぐいという噂があったため、最寄駅でジェロニモ修道院ファストパスが含まれた「リスボアカード」を手に入れることにする。

 

Lisboa Card - The Official Lisbon Card 2021

 

f:id:tamura38:20200101205919j:plain

リスボン中心部にあるRossio駅。この付近にホテルをとった。ヨーロッパの駅、どこも大体すごいのでこのぐらいではなんとも思わなくなっている(なので夜の写真しかない)が、後から見返すと「なんだこのすごい建物」とびっくりする。

f:id:tamura38:20200102182516j:plain

Rossio駅は長距離列車の発着するビッグターミナルでもあり、坂道の多いリスボンで1階と上層階にそれぞれ出口があったりする構造の駅でもあるので、エスカレーターが発達していた。

f:id:tamura38:20200102182639j:plain

f:id:tamura38:20200102182715j:plain

f:id:tamura38:20200102183244j:plain

このエスカレーターを降りた先の1階に、すごくさりげなくツーリストインフォメーションがあって、そこでリスボアカードを売ってもらえた。これを買うと、ジェロニモ修道院などの入場料が無料になるほか、リスボン市街を走る名物のトラムにも無料で乗れる。買って損なし。

f:id:tamura38:20200102213613j:plain

トラムに乗って、ジェロニモ修道院のあるベレン地区へ。すごい行列だが、これを無視して入り口まで行くと、リスボアカードを持ってる人はさっと通してもらえるのだ。とってもお得で田村家、大満足。

f:id:tamura38:20200102203936j:plain

f:id:tamura38:20200102195919j:plain

f:id:tamura38:20200102193919j:plain

f:id:tamura38:20200102194007j:plain

f:id:tamura38:20200102194025j:plain

回廊がとても美しい

f:id:tamura38:20200102005934j:plain

さらにちなみに、「世界で最も美しい鉄道駅」とか言われたりしてSNSでも度々話題になるカラトラバのオリエンテ駅が、ポルトからRossioまで移動する途中にあって、「ふーん」と思いながら車窓から観察していたのだが、ジェロニモ修道院のこの回廊を意識していたりするのだろうか。

f:id:tamura38:20200102195102j:plain

f:id:tamura38:20200102195235j:plain

f:id:tamura38:20200102195344j:plain

メインの大聖堂をまずは上から。

f:id:tamura38:20200102203320j:plain

f:id:tamura38:20200102203329j:plain

そして一旦外に出て、下から。

f:id:tamura38:20200102203648j:plain

f:id:tamura38:20200102203535j:plain

f:id:tamura38:20200102203459j:plain

どのパーツを見ても手を抜いてるところがひとつもない凄まじい建築であった。

 

そして、ベレン地区を訪れたら、こことベレンの塔を見るのが定番コースなのだが、ジェロニモ修道院で大変満足してしまったのと、トラムが工事中とかでベレンの塔まで歩かなくてはいけないとかで(レンタルの電動キックボードがあるみたいだった)、「まぁ、いいか」となり、とりあえず近くの「発見のモニュメント」へ。

 

f:id:tamura38:20200102212040j:plain

発見のモニュメントは1960年に建てられたもので特にこれといった歴史のあるものではない。大航海時代を支えた偉人達の像が彫られている。

f:id:tamura38:20200102210425j:plain

上が展望台になっているので、ジェロニモ修道院の全景や

f:id:tamura38:20200102210227j:plain

ベレンの塔も、(遠いけど)望むことができる。
presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0