東京エスカレーター(と船とカブ)

多摩ニュータウン片隅のシェア戸建で暮らすエスカレーターマニアのブログです。

「泊まれる本棚ネットワーク」構想について(ゆるく参加者募集中)

多摩の戸建てシェアハウス、新しく同居の方も決まり、ゆるく楽しい毎日がスタートしている。

 

blog.tokyo-esca.com

 

以前に同居人募集を出したところ、主に知り合いの皆さんから、「住むわけではないけど一度行ってみたい」というような声をいくつかいただいた。嬉しいことである。

 

というところから、発想を飛躍して、自室の半分をクローズドな「 BOOK & BED」にできないか、と思いついた。ので、やってみた。

 

f:id:tamura38:20190529175858j:plain

といっても、ひとまず1階にあったソファを移動して持ってきただけである

 

f:id:tamura38:20190529175720j:plain

机がわりにしているのは、残置物だった古いタンス

 

f:id:tamura38:20190529175840j:plain

なんだけど、これがなんとなくすごく落ち着く空間になった

白い間仕切りの後ろに、寝具を1組、用意してある。仲良しの人なら2人ぐらいなら余裕で泊まれる。雑魚寝&寝袋持参なら4人ぐらいまで。

 

f:id:tamura38:20190529175907j:plain

余ってる冷蔵庫や食器も置いてある。おもてなし的な。

BOOK&BEDというのは、なんのことかというと、池袋に誕生した「泊まれる本屋」なのだが、ここ、1度行ってみたらその雰囲気がすごく気に入ったのだ。

 

note.mu

 

なんとなく、ただ空間をシェアするって言っても、喋るのが好きな人も、静かに黙々と作業したい人も、ただなんとなく人がいるところでぼんやりしたい人も、色々いる。そんな中で、「とりあえず、本を読む空間」っていう共通コードが設定されていると、まとまりが出る。

 

そんなわけなので、この部屋を、「泊まれる本棚」として使ってもらえるようになったらいいなぁ、と思っている。1泊1,000円。デイ利用は1日500円で、それぞれコーヒー1杯つき。ただし知人限定なので、面識がない人はまず私と知り合いになってください。

 

f:id:tamura38:20190529175757j:plain

本は、たいしたものはないけど、「偏愛」系の書籍と薄い本は豊富。確定申告の書類とかも置いてあるけど。

 

blog.tokyo-esca.com

blog.tokyo-esca.com

 

それで、この「泊まれる本棚」が、私の部屋だけじゃなくて、日本中のいろんなところに増えたらいいなぁ〜となんとなく、思っているところなのだ。みんなの「本棚のある部屋」をネットワーク化して、1泊1,000円で、泊まったり、泊まられたりする。

 

ただひとんちに泊まりに行くのと何が違うのか?という話だけど、「泊まりに来ていいよー」と言っていても、言われていても、人の家に気軽に行くのって、かなり、気をつかうじゃないですか?ご飯どうするのかとか、色々あるじゃないですか?それが、「本読みたいから、泊まらせて」だったら、お互いに楽なんではないか、という思いがあるのですね。過剰にコミュニケーションしなくても、本を読んでいればいいわけなので。

 

もうひとつは、日本全国の「ひとんちの本棚」という眠れる文化資本をネットワーク化すると、なんかすごく面白いんじゃないかな、と思ったから、というのもある。ひとんちの本棚見るのって、すごく面白いじゃないですか?

 

というわけなので、お知り合いの皆さんで「参加してみてもいいぞ」という方は、声をかけていただいたら、ひとまず私が泊まりに行きますので、よろしくお願いします、なのです。

 

そして、多摩の「泊まれる本棚」に泊まりに来たい、あるいは昼間利用したい方は、こちらはいつでも大丈夫(ただし30度を超える日は天井とエアコンがないので無理)なので、ご連絡ください。

 

f:id:tamura38:20190529180306j:plain

ちなみに、自室は夏に備えて仮に天井に布を貼り、このようになっている。これはこれで、妙に落ち着く。