革命ニュータウン

多摩ニュータウン片隅のシェア戸建で暮らすエスカレーターマニアのブログです。ニュータウンでの新たな生き方的なものを模索中です。

2/11 都立長沼公園(冬の公園を歩こう Vol.3)

今日も15時ごろに急に思い立って、「そうだ公園に行こう」とGoogleMapで検索。手頃な距離感のところにある、都立長沼公園へ。

 

f:id:tamura38:20190211220644p:image

長沼駅は、京王線高幡不動と八王子の間にある駅で、そのお隣の平山城址公園とともに駅南側の丘陵地が公園として整備されている。

 

f:id:tamura38:20190211165705j:plain

f:id:tamura38:20190211220750j:image

GoogleMapに従って「駐車場」という場所に行ってみたらこんな感じでフリーダム。工事のおじさんが立っている入り口は階段整備中で入れず。

 

f:id:tamura38:20190211220719j:image

看板の下にご自由にどうぞな紙の地図も用意されていて(けものフレンズで見たやつだ)、確認すると他にもいくつかのルートがある。

f:id:tamura38:20190211220724j:image

民有地や墓地の間に入り口があるのでものすごくわかりにくいのだけれど、ここから入っていいっぽい。


f:id:tamura38:20190211220739j:image
f:id:tamura38:20190211220651j:image
f:id:tamura38:20190211220657j:image

先日の、しっかりとしたサービスセンターまであった小山田緑地と比較してだいぶフリーダムな感じの藪の中の小道なので、若干不安を覚えつつも進む。


f:id:tamura38:20190211220708j:image
f:id:tamura38:20190211220730j:image

と、こんな感じで徐々に整備された感じの道に。

 

f:id:tamura38:20190211161643j:plain

でも見える景色ってこんな感じなんだけど。

f:id:tamura38:20190211162208j:plain

私の選択したルートが一番マニアックだっただけで、頂上付近で他のルートと合流すると、舗装された道になった。

 

f:id:tamura38:20190211162332j:plain

なんの前知識もなくふらっとやって来てしまったわりにはまぁまぁの登山だった。

 

f:id:tamura38:20190211162444j:plain

頂上には小さな頂上園地があって、犬の散歩をされてる方もいた。

 

f:id:tamura38:20190211162620j:plain

そして、展望園地。

 

f:id:tamura38:20190211162652j:plain

私は高くて景色のいいところが大好きなのである。いい場所だなぁ。

 

f:id:tamura38:20190211163815j:plain

いいあずまや。

 

f:id:tamura38:20190211163938j:plain

鉄塔もあった。

 

f:id:tamura38:20190211164054j:plain

しばらく頂上の尾根道を歩いて

 

f:id:tamura38:20190211164533j:plain

また降る。

 

f:id:tamura38:20190211165124j:plain

さすが都立公園という感じで、分かれ道にはきっちり地図があるので迷うことはないのだが

 

f:id:tamura38:20190211165127j:plain

登山リテラシーのない者にはやや不安が煽られる道も多い。特に車で来る人など滅多にいない(ご近所の方のウォーキング・ランニングコースになっている)ので、駐車場方面へ降る道のコンディションが他と明らかに差がある。なんで途中から階段なくなっちゃうの。

 

f:id:tamura38:20190211165300j:plain

写真だと伝わりにくいがすぐ横が崖みたいな道もたくさんあった。特に靴など、そこそこの装備できた方が良い都立公園です。都立公園にもいろいろあるのだなぁ。面白い。

 

f:id:tamura38:20190211165538j:plain

と思ったら唐突に民家の上に出た。

 

ある程度、登山に慣れている方ならほとんどどうってことないルートなのでしょうが、リテラシーゼロの者にとってはなかなかの冒険感が味わえて楽しい公園だった。

 

帰りに先ほど歩いた丘陵の南側の方の道に出たら、家のごく近所を通っている「野猿街道」というワイルドな名前の街道にすぐ繋がった。公園の頂上の尾根道も「野猿の尾根道」という名前だったのだけど、多摩丘陵の公園を歩くと多摩のことが徐々にわかって来る感じが楽しい。