東京エスカレーター(と船とカブ)

多摩ニュータウン片隅のシェア戸建で暮らすエスカレーターマニアのブログです。

部屋をととのえる日曜日

多摩に引越してきて9ヶ月。ちょっと模様替えをした。


DSC03031.jpg

 

ちなみに今住んでいる多摩のシェア戸建は半DIY可能賃貸で、水回りなど1/3はプロがリノベし、1/3は自分たちでリノベし、1/3は何もしていない、という家である。

もう去年の5月のことだが、セルフリノベの様子をちょっと振り返り。

 

DSC00835.jpg

2階の天井はざっくばらんに抜いてしまったので、夏めちゃくちゃ暑くて冬寒い。でも天井が高くて居心地は良く、気に入っているのでしょうがない。

床は、無垢床リノベーションの会社に勤めているので大工さんに無垢床を貼ってもらっている。

 

DSC00890.jpg

DSC00905.jpg

DSC00904.jpg

もともと2部屋だったのを、壁や押入れ、ドアも取っ払ってしまったために、4面採光の超開放的ワンルームが出現した。部屋にいると、朝、日が昇って沈んでいくまで全部見える。

 

DSC00911.jpg

DSC00916.jpg

DSC00913.jpg

DSC00936.jpg

壁は、古い壁紙のまま上からみんなに真っ白に塗ってもらってだいぶ見違えた。

 

DSC00822.jpg

1階のリビングのビフォア。こんな感じの暗いカーペットだった上に

 

DSC00931.jpg

DSC00932.jpg

合板を貼って仕上げた。

 

DSC00959.jpg

DSC00963.jpg

電気工事の資格を持ってる人までいるので、お願いしてライティングレールを付けてもらっているところ。このようにありがたくみんなの力で出来上がった家なのである。


 というわけで現在の様子。

DSC03033.jpg

寝室。もっと落ち着いた感じのグレーの部屋にするつもりだったのだが、いざ壁にペンキを塗ってみたら、ややパープルがかった感じのメルヘンな色になってしまったので、開き直って思い切り好きな柄の布をカーテンにした。

 

DSC03034.jpg

引越してしばらくは窓側の空間を空けて、温泉旅館っぽい雰囲気にしていたのだけど(写真なし)、ベッドをこっち側に持ってきたら、マットレスと窓枠の高さがぴったり合ってなんというか空中浮遊してるみたいな雰囲気になって気に入っている。

 

前に行ってすごく気に入ったホテル浦島のシングルルームの雰囲気に少しだけ近づいた(気がする)。 

20130907-31.jpg

blog.tokyo-esca.com

 

DSC00829.jpg

南側斜面に建つ家なので、めっちゃ眺望抜けていて最高なのである。写真は5月の庭の様子。

 

DSC03036.jpg

主に大泉洋ちゃんを見るためのスクリーンとプロジェクタもあり。

 

DSC03039.jpg

DSC03042.jpg

DSC03041.jpg

こっち側は、主に仕事部屋として使っている。

引越してから、「あまり片付けすぎない」がテーマで、生活感あるのにいい感じの部屋にしたいなぁと思っているのだが、難しいよね。

 

DSC03019.jpg

1階の共用リビング。

 

DSC03009.jpg

共用ダイニング。

カーテンの奥は同居人その1の部屋。

 

DSC03026.jpg

DSC03024.jpg

ちなみに同居人その2が住んでいたリビング奥の和室、現在空いていて、入居者募集中です。月額33,000円(光熱費込み)。 

 

DSC03022.jpg

縁側があって、庭もあって、オーナーさんの持ち物であるグランドピアノも弾いてOKなざっくばらんなシェア戸建です。たまに猫もきます。楽しいよ。

 

 

blog.tokyo-esca.com

 

 

前に住んでいた横浜の部屋、さらにその前の部屋はこれ。

blog.tokyo-esca.com