東京エスカレーター|田村美葉

エスカレーターマニア / 心配性トラベラー。世の中をもっと役に立たないことで溢れさせねばという謎の使命に燃えています。

駅前モニュメント

駅前のバスターミナルとかロータリーとかにぽっかりとあるなんでもない空間に、なんとなく建てられている駅前モニュメントを撮りためている。 観光名所・名物 地名 偉人 匿名の人物 抽象モチーフもしくはモチーフ不明 観光名所・名物 新長田/長田焼きのコテ…

元公衆電話置き場(無用公衆電話台)

かつて公衆電話が置かれていた場所の写真を撮りためている。 暫定1位 審査員特別賞 以下順不同

野良イス

道端やバス停にどこからともなく集まってきた椅子。これは「野良イス」と呼ばれて、Twitterなどで愛でられている(しかし最近、東京のバス停で「椅子の放置禁止」と書かれているのをみた。行政的には歓迎すべき存在ではないのかもしれない)。 私の撮りため…

バリアフリースロープ

バリアフリーのスロープの写真を撮りためている。特に意味はない。

多拠点生活「住んでみてよかった街」2020

2020年、(全国一斉の緊急事態宣言下にあった1か月を除き)、あちこちのシェアハウスやゲストハウスをウロウロしながら暮らしていました。 「ここは、住むのにいいなぁ〜」と思ったお気に入りの市町村をまとめます。 ちなみに2019年は、まとめてないんだけど…

広島市安芸区のニュータウンを走るモノレール「スカイレール」がかわいい

広島県広島市安芸区の「スカイレールタウン」は、丘陵地に開かれた住宅団地で、ふもとのJR山陽本線の駅から頂上までをモノレールが走っている。 「日本のモノレール」に分類されたれっきとした懸垂式モノレールなので、存在は知っていたのだが、国内モノレー…

新造船「SEA SPICA」で巡る「瀬戸内しまたびライン」西向き航路乗船記

瀬戸内海汽船によるおしゃれな新造船「SEA SPICA」で、半日ずつののんびりクルーズが企画されていると教えてもらって、早速行ってきた。 瀬戸内のことはもともと好きなのだが(岡山とか高松とかにしょっちゅう行くのはそのせいである)、もっと好きになる素…

新幹線駅が乗っかる三原城跡

三原駅の目の前にある三原城跡は、毛利元就の三男・小早川隆景によって建て始められたと言われる城。建てられた当時は海に面した「浮城」とも言われていたらしい。現在、天主台や舟入櫓の一部が残っていて、三原駅の出口を出て、徒歩0分で到着できるアクセス…

岡山市・玉野市の児島湾干拓施設群

倉敷市のかっこいい水門を見て気を良くしたあと、さらに干拓にまつわる施設をめぐるべく、土木遺産に選奨されている「児島湾干拓施設群」を見に行ったのだが、これが想像通りの地味かっこよさで大変満足であった。明治中期における全国でも最大級の干拓事業…

倉敷市の土木遺産・東西用水酒津樋門と一の口水門

岡山市東区の「水門町」、牛窓の旧塩田エリアに続いて、倉敷でもやはりかんがい施設が気になる。 1箇所目は、国の重要文化財にも指定されている「高梁川東西用水酒津樋門」。高梁川から取水し、15連ゲートの南配水樋門と7連ゲートの北配水樋門によってこのあ…

倉敷市児島の塩田王の家「旧野崎家住宅」

児島にしばらく滞在して、なんとなくその辺りを散歩しているうちに、だんだんと解像度が上がっていく体験はおもしろかった。 ざっくりいえば、もともと海→干拓で土地ができる→土地に塩分が多いため綿業が盛んに→北前船の寄港地として栄える(下津井港)→塩田…

倉敷市児島の下津井電鉄軌道跡「風の道」を自転車で走る

倉敷市児島は瀬戸大橋の岡山県側の起点がある街で、これまでにも何度か訪れている。 ADDressを利用して児島にゆっくり滞在する機会があり、どこに行こうかと調べていたら、「風の道」というサイクリングロードがあった。平成2年に廃線となった下津井電鉄の旧…

牛窓オリーブ園の絶景カフェ「山の上のロースタリ」

ふらっと通りかかった牛窓で、ふと思い立って「眺めの良いカフェに行きたいな」と調べてふらっと立ち寄ったカフェが、本当に眺めがよく良い場所だった。 牛窓オリーブ園の展望台2階にある「山の上のロースタリ」。 その名の通り、山道をぐいぐい登った先にあ…

「日本のエーゲ海」牛窓の水没したペンション跡と、日本最大のメガソーラー

岡山県瀬戸内市の牛窓は、古くから栄えた港町。現在は「日本のエーゲ海 牛窓」という看板が至るところに立ち、どうやら関西方面から気軽に日帰りできる絶景スポットとして人気のようである。 リゾートホテルや海水浴場にヨットハーバーのある沿岸エリア、展…

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0