船とエスカレーター

船に乗ったりエスカレーターに乗ったりする旅行記中心のブログです。なかの人は田村美葉です。

8/12 C92 土曜日 東5ホール ヘ-39b 「東京エスカレーター」出展のお知らせ


 

コミックマーケット92出展いたします。

新刊「上海」のほか、前回、大変好評だった「メーカー判別読本」をなんと重版してしまったのでたくさん持っていきます。そのほか、バックナンバーもすべて買えます。よろしくお願いします。

 

出展概要

出展イベント:コミックマーケット92 2日目

日時:2017/8/12(土) 10時〜16時

場所:東京ビッグサイト

配置:東5ホール ヘ-39b

 

頒布物

新刊:

別冊東京エスカレーター 07 「上海」600円

 

以下既刊:

別冊東京エスカレーター 06 「メーカー判別読本」 600円

別冊東京エスカレーター 05 「香港」 600円

 

以下バックナンバー:

別冊東京エスカレーター 04 「スパイラル」 700円

別冊東京エスカレーター 03 「名古屋」 700円

別冊東京エスカレーター 02 「地下鉄」 700円

別冊東京エスカレーター 01 「丸ボディ」 700円

 

委託:

テクノスケープガイド Vol.7 500円(たしか)

 

今回はテクノスケープガイドと一緒です。心強いです。もちろん私も寄稿しています。

 

新刊はコレ。 「別冊東京エスカレーター 07 上海」

f:id:tamura38:20170805163635p:plain

f:id:tamura38:20170805163900p:plain

もう何度目かの登場の、上海新世界大丸ですが、表紙と裏表紙の関係がなかなか気に入っております。

1年前の夏コミは香港特集でこれは売れちゃうなーと思ってたんですがあんまり…だったので実は香港初版の在庫がまだあります。香港と上海、両方一緒に買うといいんではないか!と思います。ちなみに、

ということですので、全部まとめて買うと偏って充実した香港・上海ガイドになるのではないでしょうか(特にセット割とかそういうのはないです)。

 

f:id:tamura38:20170805164233p:plain

ちょっと頭のおかしい(褒め言葉)ショッピングモールなどが載っています。香港とはかなり違うエスカレーター様式が見られます。

 

f:id:tamura38:20170805164650p:plain

第二特集は久しぶりの激戦区をゆく、「有楽町・丸の内」編。懐かしのDPZ初投稿記事でめぐった場所を再訪し、撮り直しました。なんせ、最初に投稿した記事の写真はガラケーで撮っていましたので。「ちゃんとしたカメラで撮ったほうがよい」と林さんに教えられ、「とにかく水平垂直をしっかり」と大山さんに教えられ、今の私があります(感慨)。

 

blog.tokyo-esca.com

 

重版してしまいました。「06 メーカー判別読本」

f:id:tamura38:20170805165307j:plain

前回、「これは売れちゃうかな〜」と思っていつもの1.5倍印刷したメーカー判別読本なのですが、想像以上に売れて通販分も SOLD OUT となりましたので、いつもはしないんですが重版を作ってしまいました。販売ページに記載の誤情報と、デザイン上のミス、漢字変換ミスなどを修正しております。全然売れなかったらどうしようか。尚、初版も少し残ってるので改訂済みのほうが欲しい方は「二版ください」とお声がけください。

 

f:id:tamura38:20170805165705j:plain

たとえばこれが鉄道関係だったら軽く炎上するかな、ぐらいの精度の甘いメーカー判別表も載ってますが(この表に含まれてないものが多すぎる)、いまのところ怒られていないのでそのまま掲載しています。

 

その他、バックナンバーいつもどおり20部ずつ。

バックナンバーは 製本直送.com という素晴らしいサービスでオンデマンド印刷しているのですが(大変いいサービスだけどどう考えても儲かっているように思えないのでベタ褒め。サービス存続を望みます)、持っていくと「全部ください」という大人な方が現れるので、毎回持って行ってます(どんどん増えてなかなかのお値段になってるんですが、なんでこんな安いんですか?とも言われたことあります、ビッグサイトの魔力……)。正直言ってかなりおすすめの号もあるので、ぜひ手にとって読んでいってください(気に入ったら買ってください)。

 

f:id:tamura38:20170805170559j:plain

世界最長(でも乗り継ぎ式)エスカレーターの載ってる香港。

 

f:id:tamura38:20170805170721j:plain

みんな大好きスパイラルエスカレーターの特集号はとってもおすすめ。

 

f:id:tamura38:20170805170736j:plain

マニアックだけどこれだけ買っていく人も多い、名古屋特集。

 

f:id:tamura38:20170805170858j:plain

なんと現在多方面でご活躍の座二郎さんのエスカレーター漫画が載っている号。おすすめナンバーワン。

 

f:id:tamura38:20170805170928j:plain

創刊号にふさわしい、なんというかフレッシュで貴重っぽい感じの号。お気に入り。

 

ちなみに、「別冊ってことは本誌もあるの?」と山田五郎さんにたずねられたことがありますが、WEBの「東京エスカレーター」が本誌、というたてつけになっています(わかりにくい)。自分なりに、掲載する文章はすべて書き下ろし、掲載する写真もなるべくウェブのとは別アングル、というところに地味にこだわってます。

しかし次の号はいよいよ一体何を特集したらいいかしらという感じではあります。満を持しての関西特集かな。なにかご希望があればお寄せください(なげやり)。

 

コミックマーケット完全初めてガイド(完全に初めてな人向けの意)

・入場は無料です。

・10時めがけて行くと大変なことになります(人気サークル目当ての行列がすごくて1時間ぐらいは入れない)。鉄道メカミリ島はだいたいお昼頃までなら完売はさほどないので12時ごろ目安でくると安心です。

・事前に地図を印刷し、WEBカタログやTwitterなどでまわりたいサークルをチェックしておきましょう

会場MAP | Comike Web Catalog

#ドボククラスタお勧めサークルc92 hashtag on Twitter

・とてもじゃないが全部のホールの島をまわる、ようなことはできないので、ほどほどに。

・ここにしかない本に出会えるのがコミケの醍醐味なので目当てのサークルが多い島にたどり着いたら一通り周辺をうろうろすると楽しいです。

・成人男性向けなどに足を踏み入れると「なるほどこれが」となかなか感慨深い気持ちになれます。

・小銭を用意しておきましょう。と言ってもたいていのサークルはお釣りを用意してますしすぐ硬貨だらけになるので、1万円札を1000円札にくずすぐらいで十分です。

・飲み物を持っていきましょう。500mlペットボトル2本ぐらい。

・歩きやすい靴でいきましょう。他人を攻撃しない&踏まれても大丈夫なスニーカーなど。

・夏コミは悲惨、という噂がありますがそれほどでもないです。屋内だしクーラーもあるしコンビニもあるし飲料もそこかしこで売っているしトイレも綺麗です。夏フェスに比べたらかなり余裕。

・でも、たしかに雲はできる。

・要は、無理は禁物、ということ。

・結構厳しいのは東から西への移動。心理的な距離が遠いのでつらい。押さない、走らない、焦らない。

・売り子に声をかけるとだいたい喜びますが長話はほどほどに。

・帰宅後、Twitterをこれでもかという勢いでエゴサーチしていますので感想はぜひTwitterにお願いいたします。

 

信販売もよろしくお願いします

ビッグサイトまで行けないよ、という方は、近いうちに新刊はマニマニさんに並びますのでお待ちください。バックナンバーは製本直送さんから文字通り直送で購入できますのでよろしければご利用ください。

 

ご購入はこちらから:

books.tokyo-esca.com