読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/23 愛知でトヨタと三菱の偉大さに慄く #東海ひとり旅

ぼーっと乗っていた東横線の車窓からうっかり富士山などが見えてしまった日など、この時期の太平洋側の晴天の素晴らしさと言ったらもう、だ。冬の関東、東海の驚くべき過ごしやすさといったら世界でも稀に見るアレなんでは、などと思い、それを満喫するため東海ひとり旅を計画する。というのも、実は三菱先生よりお呼び出しがかかり、あの稲沢製作所へご招待いただけるというのである。せっかくだから、東海本線の乗車券をズバッと買って、有効期限の許す範囲で寄り道して温泉入ったり美術館行ったりしようという算段。

 
とホクホク算段している最中にライフハックブログをちょろっと書いたら
こんな返信をいただいてしまい。先生といえどもリニューアル直後のMOA美術館は未踏であろ、ここはひとつ私がレポートを……とか考えてたのも虚しくむしろ旅程を伸ばさなければならんぐらいの追加情報。そんなわけなので、zaikabou先生ブログご贔屓の皆様におかれましては新しい情報はこの先出てきません。
 
朝起きたら、太平洋側の冬の恩恵に預かる旅、と銘打ったにも関わらず、強風で傘がさせないくらいの凄まじい天候でちょっと笑う。
 
f:id:tamura38:20170306171456j:image
横浜駅のこっち側ってなんか壮絶。
 
f:id:tamura38:20170306171537j:image
改札内の昔ながら感のあるコーヒースタンドで朝ごはんを購入。旅情を高めて乗り込んだが、平日8時台ののぞみは99%スーツのおじさま方だった。あっという間に名古屋到着。
 
f:id:tamura38:20170306171754j:image
f:id:tamura38:20170306171812j:image
最初の目当ての場所は名古屋駅から一駅なのだが初めての名鉄線に乗る。そうか「名鉄」って電車なんだよなぁという感慨は金沢出身なら理解してもらえると思う(金沢で名鉄といったら大和と双璧をなす名鉄デパートを指します)。初めて見るローカルルールに旅情5割増。
 
f:id:tamura38:20170306171824j:image
ぶれたけど#ドア注意も初見。
 
f:id:tamura38:20170306172317j:image
やってきたのはトヨタ産業記念館である。東海ひとり旅予告を見た盟友なかいさんに教えられ。なかいさん推薦ということは間違いないのでなんの下調べもせずに来たのだがこれが楽しいところで。
 
f:id:tamura38:20170306172942j:image
f:id:tamura38:20170306172457j:image
f:id:tamura38:20170306172521j:image
f:id:tamura38:20170306172546j:image
紡績館では、ひとつひとつの機械をスタッフの方が丁寧な解説込みで動かしてくれて、小一時間で紡績の仕組みと歴史がすんなりわかるようになる。そしてその大部分が豊田佐吉の発明、特許によるものなのね。
 
f:id:tamura38:20170306172813j:image
自動車館ではみんなが知る、あの流れ作業の自動車工場の工程ひとつひとつの機械があって、ポチッと気軽に押すと結構な規模でグワーッと動いてびっくり、みたいな。
最後は蒸気機関のデモンストレーションを見せてもらっておしまい。
 
 
うっかり出入口横のゲームコーナーのようなところに入ったら小さい子向けのカーレースみたいなやつが無料で楽しめるようになっていて、近所の親子連れなどが楽しんでいた。もしここに界隈の人々と来てしまおうもんならいい歳した大人たちでこのコーナー占拠することになるね……絶対なるね…など脳裏に浮かべながら一人なので諦めて……
ちょっと楽しみにしていたお土産コーナーだけが近年稀に見るファンシー一直線だったのにだけ別の意味で驚嘆して、トヨタ大財閥の豊かさに慄き大満足。
 
とか楽しんでいたらあっという間にお昼になってしまったのでもうひとつ近所にあるノリタケ美術館は諦めて、施設前のバス停からバスで名駅へもどる。
 
JRの改札入り、調べてあった立ち食いきしめんのお店へ……おすすめ情報によれば店指定もあればホーム指定まであり、なぜかというと天ぷらのフライヤー有無という歴然とした差があるかららしい。というわけで4番線ホームに目当てのお店を無事発見。
 
f:id:tamura38:20170306174028j:image
かき揚げきしめん。噂通り揚げたて。おーいしー!
名古屋に来てご飯美味しいと思ったの初めてかもしれない…(超失礼)。
 
そして稲沢へ。
 
f:id:tamura38:20170306174213j:image
ばんざーい!(指入ってる)
 
前回来た時は一応DPZの取材名目だったが今回はライターさんもカメラマンさんも別で東京からお越しで、私はあることないこと喋るだけ、というすごいお仕事である。しかし、いや、2回目の稲沢だが凄かった。大感動であった。詳細後日。
 
そのまま日帰りの取材クルー御一行と名古屋で分かれ(静岡あたりのエスカレーター見ながらゆっくり帰るんで、という説明が未だかつてなくすんなり受け入れられた瞬間であった)、本日の宿泊地は蒲郡である。
 
f:id:tamura38:20170308174204j:image
競艇の街ということで駅前モニュメントがすごい。
 
今回の旅のもうひとつの目的は「海が見える旅館に泊まる」というものでして。しかし、ひとりだし、お金がふんだんにあるわけでもないので、じゃらんで「海が見える」をチェックしたうえで価格安い順に並べましたら、公共の宿が上の方に出てきまして。今日泊まるのは、公立学校共済組合蒲郡保養所というところであります。
 
f:id:tamura38:20170308174245j:image
初めて、ひとりで部屋食というのをしてみた。これがなんとまぁ、テレビ見ながら他人の目を気にせず「おーいしー!」とか言いながら気兼ねなく楽しめるので、ひとり旅で部屋食、がぜんありだな、と思ったのでした。
ビール飲んでお風呂はいって寝る。