船とエスカレーター

船に乗ったりエスカレーターに乗ったりする旅行記中心のブログです。なかの人は田村美葉です。

大阪の水辺のここが好き


水辺先進国、大阪の素敵な水辺を愛ではじめてからずいぶんたつのですが、ご存知ない方もいると思うので、その魅力をまとめておこうかと思います。

4/29、4/30に実際に愛でるツアーも予定しており、まだ空きがありますので、「すごい!愛でたい!」と思った方はすぐ参加できる、という親切設計、というかコンテンツマーケティング!?です。

大阪の水辺のここが好き① ほどよい距離で一周できる

水運で発達した都市の魅力を知るには、やはり川から街を眺めるのが一番早い。そしてその中でも、「水の回廊」から眺めるのが良い。東京だと、神田アイランド一周がそれにあたるが、都市の発展にしたがってやや中心からはズレた東京と違い、大阪の場合は、中之島、道頓堀など、観光コースとしても、都市の中枢としても現在もど真ん中の部分をぐるりと一周できてしまうので素敵。

 

盟友、なかいさんによる動画。

時計回りで、東横堀川に入るところと、道頓堀をでるところに、2つの閘門(ロックゲート)があって水位を一定に保っているため、道頓堀は水辺のすぐ近くに遊歩道があって、すごく水辺が近い、稀有な繁華街になっている。プールなんかでこの回廊がつぶされなくて本当によかった。

 

P5130123.jpg

東横堀川はずっとこんな感じで高架下になっており、非常にマニア向けなのであるが、ここを通りたくて通りたくて、必死で船を探したことを思い出すなぁ。

 

P5130156.jpg

高架橋脚ファンとしては一度は通っておかなければならない川である。私はたぶんかれこれ5,6回通ってるけど……。

 

Untitled

東横堀川を超えてしまえば、観光地ど定番の道頓堀なのであって、「ああ、ね」て感じかもしれないのだが、たとえば東京は新宿歌舞伎町のど真ん中がこんな水路になってるところを想像してみたら、興奮して鼻息荒くなるのはしょうがないんじゃないか。「水辺」が街の中心にあるって素敵だよね。

 

大阪の水辺のここが好き② 現役である

道頓堀が観光地化する一方で、木津川、安治川、尻無川を抜けて大阪港にちょこっとでる、大正区、港区をぐるっとするコースへと船を走らせれば、途端に普段着の大阪、未だ現役の、「はたらく運河」を見ることができる。

これをコンテンツ化し、「ドボククルーズ」として定期運航しているのが、御舟かもめさんという、本当に素敵な船長さんの舟だ(なんどもお世話になっておりますし今度もお世話になります)。

 

地図はどちらも、やはり盟友、大山総裁の記事「@nifty:デイリーポータルZ:高さ12mの巨大アーチを船でくぐる!」より拝借。これが5年半前。

 

動画は例によってなかいさん。もう言わなくてもいいか。

PA165454.jpg

巨大な船を通すための巨大なアーチ式水門。大興奮。

PA165484.jpg

ぐるぐるとぐろを巻くループ橋。橋のたもとでは、歩行者や自転車用の無料の渡し舟も現役。

PA165499.jpg

超かっこいいクレーン 

PA165507.jpg

 かっこいい……

この前行った、クリエイティブセンター大阪の対岸あたりですね。

たとえば、川崎の工場萌えクルーズなんかも最近は盛んなのであるが、大阪の川はもうちょっと静かに、日常生活に密接している感じがある。地味といえば地味である。 

PA165599.jpg

んだけどもこのあと私の中で日本で一番ぐらいに好きな、めっちゃカーブする橋、なみはや大橋も出てくるし

PA165727.jpg

天保山ジャンクションも真下を通り抜けるんである。やべー楽しみすぎて寝れない。

大阪の水辺のここが好き③ いろんな船に乗れる

日本橋船着場ができて、東京の川界も盛り上がってはいるが、大阪城〜道頓堀を結ぶ定期運航の水上バスをはじめとして、大阪に行けば本当に気軽に、簡単に、いろんな船に乗ることができる。

 

PA165399.jpg

上に出てきた御舟カモメさんの舟は、こんな感じで、川の上のお座敷って感じでとってもかわいいし、居心地も良い。ここに住みたい。

 

P5130211.jpg

 あたりまえのようにバスも川を走る。

 

P5136617.jpg

P5136639.jpg

これは水上タクシー。ものすごく注目されるので、たとえば結婚披露とか、なにかしらのセレモニーで乗るべきだと悟ったが、川マニア3人で、特になんでもない日に乗った。楽しかった。

 

P5130133.jpg

これは一本松海運さんのきらり号。低い橋をくぐるため、船自体が沈んで航行するおもしろい船。天井もじゃじゃーんとあくのだが、東横堀川を航行するときは「ここから先はなにもありませんので」と閉まってしまって落語家さんの一発芸(?) が始まり、たいそうがっかりしたことをおぼえている。

 

Untitled

SUPをつかった水上さんぽさんの取り組みも、もう何年も続いてますね。 

 

大阪の水辺のここが好き④ 夜の中之島が美しすぎる 

賑やかな道頓堀も良いのだが、中之島中之島で、歴史的にも価値ある超かっこいい橋が、夜になるといっせいにライトアップされてヤバいことになる。

 

動画はもう言わずもがな、なかいさんの。

 

Untitled

Untitled

うーん楽しみ。

 

水辺記事まとめ

そのほか、大阪の水辺でいろいろ楽しんだ時の記事をまとめておきます。

【募集中①】3名集まったら実施!メガSUPで回廊一周しようぜ!! 

水の回廊一周は、じつは中之島の橋が全部低い問題があったりいろいろで、定期クルーズを出しているところは現状ほぼない(私調べ)。

そこで、自分で漕ぐという手があります。

以前は自分ひとりで漕がなくてはいけなかったため、30オーバーともなると体力がやや心配でしたが、今はメガSUPになってみんなで漕ぐ方式らしい&動力つきの曳航船もつくみたいでたぶん大丈夫だからみんなやろうぜ!

 

f:id:tamura38:20160417215036j:plain

楽しそうじゃないか!

 

画像はこちらのサイトより拝借。

コースはこれね。3人以上集まらないと申し込みできず、いま私となかいさんしかいないので誰か一緒に。よろしくお願いします。

日程詳細

日時:4/30(土)8時〜12時  ※途中休憩あり

場所:川の駅はちけんや集合(おそらく)

料金:おひとり8,000円

 

お申し込み方法

下記のFacebookイベントで、<コースC>に「参加する」を押してください

【4/29〜5/1大阪開催】高架橋脚ファンクラブ&東京エスカレーター共催 大阪3DAYSツアー

※イベント自体への「参加する」ではカウントできませんのでご注意。

 

Facebookをやっていない方は

「お名前/参加希望コース「C」/参加人数」

を書いて、

info*tokyo-esca.com(*を@に変えてください)

までお送りください。

 

【募集中】これは間違いない。初めての「夜ドボク」クルーズ、あと4名!

夜ドボク、と言ってはいるけど、お願いしてはちけんや出発にしてもらったので、東横堀川も、道頓堀も、中之島も通る、超贅沢コースになっているんですよ。

乗っておいてまず間違いはない。

 

ドボククルーズは2のほう、天保山ジャンクションがハイライトになると思います。

 

日程詳細

日時:4/29(金祝)18時10分〜21時10分 ※途中休憩あり 

場所:天満橋・八軒家浜船着場

料金:チャーター料金30,000円を参加人数で割り勘です。最大10名。現在6名、5,000円くらい。

 

お申し込み方法

下記のFacebookイベントで、<コースE>に「参加する」を押してください

【4/29〜5/1大阪開催】高架橋脚ファンクラブ&東京エスカレーター共催 大阪3DAYSツアー

※イベント自体への「参加する」ではカウントできませんのでご注意。

 

Facebookをやっていない方は

「お名前/参加希望コース「E」/参加人数」

を書いて、

info*tokyo-esca.com(*を@に変えてください)

までお送りください。

 

 

ほかにも、まったくお金のかからない、かっこいいエスカレーターをただ歩いて見に行くだけのツアーや、かっこいいジャンクションをただ歩いて見に行くだけのツアーもやりますので、ゴールデンウィークの予定がまだ決まっていない方は、大阪集合で、一つよろしくお願いいたします。