おしらせ:2017/8/12(土) コミックマーケット出展します。新刊出します。詳細こちら。

8/12 C92 土曜日 東5ホール ヘ-39b 「東京エスカレーター」出展のお知らせ - TOKYO ESCALATOR BLOG

 

【まとめ】三途の川の系譜 - 川と水辺の物語まとめ

水辺好きとして、川や水辺をテーマにした作品には見入っちゃう、という癖があるのだが、あらためてまとめてみると、川とは要は三途の川であり、生と死の境目であるわけで、そういう作品のまとめになっちゃってるのであった。

 

都市交通としての川

機動警察パトレイバー

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

 

 

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]

 

押井監督が川が好きすぎて、やたらと船で移動する劇場版パトレイバー

 

 ちなみに川好きの間ではもはやいうまでもないことであるが、パトレイバーのロケハンが元になっているこちらの川ムービーも一緒に観るべし。

東京静脈 [DVD]

東京静脈 [DVD]

 

 

 風立ちぬ』(2013年 日本)

風立ちぬ [DVD]

風立ちぬ [DVD]

 

 完全に飛行機映画であるこれを、川映画として見るのが川好きたるもの。日本と日本人がいちばん美しかった時代をこれでもかと、世界的なジブリの風景描写力を結集して描ききったという感じのすごい映画。二郎が東京に出てきた妹を送っていくシーンの交通手段がナチュラルに隅田川を走る船。日常に船があるのってやっぱりいいな、いい時代だな、としみじみしてしまう。

 

この世界の片隅に

戦時下の広島だが、ただひたすらに悲しいのでもなく、ばかばかしいこともあれば、みじめなことも、おもしろいことも当たり前にある、どこにでもいる「わたし」を描いている素敵な作品。当然交通手段は船。海苔の養殖家なすずの家、干潮になった隙に湿原を渡って親戚の家におつかいに行く描写がとてつもなく好き。

 

『ツーリスト』 (2010年 アメリカ)

ジョニー・デップアンジェリーナ・ジョリーがダブル主演のヴェネツィアを舞台とする映画。超お金持ち設定のアンジー、駅からホテルまで、ホテルから空港まで、船タクシーに、自分の船にと、ヴェネツィア内、交通手段が全部船。川ファンにとって夢みたいな街。

 

シン・ゴジラ』(2016年 日本)

blog.tokyo-esca.com

まだ姿のみえないゴジラ呑川をどんどん遡っていくシーンのためだけにも見る価値あり。あと舞台が立川だから、てだけで登場する多摩モノレール車両基地。東京の東側と西側の立位置や歴史をなぞっている映画でもある。

 

 『エリザベス』

エリザベス (字幕版)

エリザベス (字幕版)

 

ケイト・ブランシェットがみたくてみたけど、交通手段としての船大集合で楽しかった。エリザベス1世がロンドン塔に幽閉されるときに地下の水路から乗り入れてるのをみて興奮。

 

ジャングルクルーズ

地獄の黙示録

blog.tokyo-esca.com

川をさかのぼることの無力感、刹那感。

 

ハックルベリーフィンの冒険

ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫)

ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫)

 

 どんな家よりも素晴らしいといかだを礼賛する描写が好き。

 

死者との交流 

スリー・リバーズ』(1993年 アメリカ) 

スリー・リバーズ [Blu-ray]

スリー・リバーズ [Blu-ray]

 

ブルース・ウィリス演じる主人公は、父を殺され、訳あってリバー・レスキューに配属されている元殺人課の刑事。オハイオ川をぶんぶん言わせながら高速モーターボートでかけぬけるシーンが最初から最後までいっぱい。死体がすべて川で見つかったりするところがなかなか感慨深い。

 

『THE LAST MESSAGE 海猿』 (2008年 日本)

THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]

THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]

 

海上自衛隊だから当たり前なんだけど、テーマは水の事故。どう考えても、震災のことをフラッシュバックせずにいられない。映画のストーリーは誰も死なない単純明解なハッピーエンドなのだが、それを逆に失う過程を、いちいち裏でシミュレートしながら観てしまう。ラストの、海の上から助けにきた仲間たちに迎えられるシーンは、ほとんど死者との交流に見えてなかなかすごい。

 

 崖の上のポニョ

崖の上のポニョ [DVD]

崖の上のポニョ [DVD]

 

 水辺=死者との交流、という意味でいうと、ポニョは何度観てもすごい。

 

タイタニック

 

パイレーツオブカリビアン

 船の上から死者に呼びかけるタイタニックもなかなかすごいし、あっちの国とこっちの国がひっくり返ったりするパイレーツオブカリビアンもなかなかすごい。

 

海街diary

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

 

「亡き父親」を接点につながる姉妹の話の舞台が水辺なのも必然という気さえしてくる。

 

 老人と海

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

 

死に場所として海を選択する老人。

 

トゥルーマン・ショー

blog.tokyo-esca.com

視点を変えると「世界中から見られている」という誇大妄想の発症と闘病の記録としても読めなくはないトゥルーマン・ショー。「シーヘブン」は、主人公にとってけして越えることのできない「水」に囲まれた離島。三途の川観ありすぎる。海だけど。

 

あまちゃん

blog.tokyo-esca.com

水辺の街を襲った震災について、そこで生きているひとたちの一人一人にどんな人生があったか、というところから含めて丁寧に描いた作品。