読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2009年下半期エスカレーター大賞 発表!(壁紙つき)


すごくあたりまえのことを言ってもいいですか。twitterって最強ですね。


そういうわけでお待たせしました!

twitterのおかげで史上最多投票(2回目だけど)を達成した、2009年下半期エスカレーター大賞の、結果発表であります!

(すべての投票状況はこちらをご参照くださいませ。)


今回もド素人なりに苦労しながら記念壁紙つくったので、よければご利用くださいね。ちなみに私の父親のデスクトップは現在、梅田スカイビルだぜ。今回、無駄に1600×1200と1024×768の2サイズあります(でかいほうがいいだろうと思って1600×1200で作ってみたら、どうにも自分のPCの解像度と合わなかったからだ!解像度ってなに!むずかしい!)。ダウンロードページを表示後、右クリックでファイルを保存してお使いください。マックの方は右クリックないけどどうするんでしょうか。どうにかして保存してください。


第5位 ニューヨーク地下鉄ヘラルドスクエア駅(たしか)

1600×1200 1024×768

並み居る強豪を抑えての第5位獲得は、ニューヨーク地下鉄ヘラルドスクエア駅。もうニューヨーク行ったのも遠い昔の記憶ぐらいのかんじなんですけど、最後に一挙に票を稼いでの入賞です。おめでとう!そしてこっそり私もかなりお気に入りのエスカレーターだったので嬉しいです!ありがとう!

※この駅、どこだったか正確に憶えていないので、よし行ってみようと思った方はご注意くださいませ。普通にマンハッタンを観光してたら何度も乗り換えた駅です(アバウト)。



第4位 元町・中華街駅

1600×1200 1024×768

そしてつづく第4位は、これも地下鉄、横浜をクールに駆け抜けるみなとみらい線元町・中華街駅です。エスカレーター偏愛建築家であるところの伊東豊雄先生の設計です。エスカレーター自体の魅力を存分に楽しみたいタイプの皆様には、こういったデザイン超重視系のエスカレーターってどうなの、てところもあると思うのですが、いつもどっちつかずなところがウリ(だったのか?)の私からしてみれば、エスカレーター大事にしてくれてほんとにうれしいなーという気持ちでいっぱいです。乗ってみるとほんと、すごく楽しいですし。伊東先生ありがとう!


第3位 川崎モアーズ

1600×1200 1024×768

聞きしに勝るとはまさにこのこと。世界最小エスカレーターが第3位です。川崎って、工場もあるしエスカレーターもあるし、ほんと素敵な街ですよね。あと、一部だけカラー化という超難易度高い(私にとって)技をマスターできたので満足です。


第2位 紀伊国屋新宿本店

1600×1200 1024×768

日本の木製エスカレーター、紀伊国屋新宿本店が見事2位獲得。こちらはアロエストのsayakaeruさんに「日本にも木製ありますよ」と教えていただいたのだけど、行ってみたら激渋の丸ボディにステッカーべたべたで、非常にツボを心得たいいエスカレーターだったので感激しました。ほんとにありがとうございます。2009年はいい出会いがたくさんあった年でした。


第1位 メイシーズ

1600×1200 1024×768

既にドボク界の流行語と認定して言わせてもらうと、メイシーズはもう、しょうがないよね。


やはり票数が多くなればなるほど、有名エスカレーターに票が集中するのは民主主義の性ですけれども、メルサGinza-2に全10票を投じてくれたTAKUさんほか、あのひとはやっぱりこれに!的偏愛票も多く、今回も大変たのしかったです。投票していただいたすべての皆様、ありがとうございました。2010年もとばしていきますよ!


と、おわりとみせかけて…

審査員特別賞 東宝ツインタワービル

えーなにそれ!

と皆様驚かれるのも無理はない。なんたって今はじめて紹介するのだから!

だけどもこれは2009年に選出しておかないといけないような気がしたので、審査員たってひとりなので独断で特別賞に認定!


それは、年の瀬ふらりと訪れた東宝ツインタワーでの出会いでした。


DSC09667

なかなかにスタイリッシュな東芝のひとり乗りエスカレーターに遭遇。


DSC09661

注目すべきは、その信じがたい手すり形状。

コの字でもつの字でもない、これは…への字? そんなのあり??

ちなみにプロの方からもこれはかなり珍しいとのお墨付きをいただいた。なぜなら、手すりレールの吸い込み口のところがこの状態だとごみなどを巻き込みやすく、やっぱりこれはナシだったそうだからだ。。。たしかにいっぱいテープ貼ってある。。。


見つけたとき、あまりに驚いたのでtwitterで発見速報してみたところ、「なにこれすごい」という反応をたくさんいただいた。コの字とかつの字とか言ったって、人によっては一生知ることはないエスカレーター手すり知識、まさかそんな反応が即座に返ってくるとは自分でも思わなかったんだけど、反応をくれたのはエスカレツアーの参加者の皆さん。散々解説しておいて本当によかったよ。


DSC09663

メーカーロゴも筆記体というレベルの高さ。


DSC09677

ぜんぜん関係ないけどこれがあるのが地元石川のアンテナショップ前。


DSC09671

運命を感じるエスカレーターです。


そんなわけで、この東宝ツインタワービルに観に行く、エスカレツアー第2回を2月13日の土曜日に予定してます。

詳細はまたあらためますが、予定を空けておいてくださいませ!