丸ボディ巡礼:東芝エスカレーター1号機

川崎はとっても素敵で大好きな街だが、このまえさらに素敵な施設の存在を知った。それはこちら。

DSC01826


東芝研究開発センターである。どーん。かっこいい。

DSC01827


そう、川崎駅前って、むかしは東芝の工場があったんだよね。このまえ知ったんだけど。いまは、ちょっとバスに乗った先にこのかっこいい研究開発センターがそびえている。
THE社会科見学!という感じのこの建物だが、「東芝科学館」として一部展示が無料で開放されているうえ、各種体験イベントなんかも実施されていて、とっても人気のある施設なのであった。

ホームページはこちらから:
http://kagakukan.toshiba.co.jp/index_j.html


で、子どもでもないし子どもがいるわけでもないわたしが何をしに行ったかといえば、タイトルに書いてあるが、こちらに東芝の社内試作1号機のエスカレーターが、いまなお設置、展示されているのであーる。

DSC01830


じゃーん。東芝の1号機は赤ベルト、丸ボディ、部分照明タイプ。
いまは乗れないのが非常に残念だが、1号機にこうして出会えるだけで満足だ。いまは動かないけど丸型ステッカーがいっぱい貼ってあるのもなんだかうれしい。

DSC01835


この珍しい床板が気になるよね。この下なんて書いてあるの―!

DSC01839


上からも、けっこう厳重に守られているわけなんであるが、1号機を大切にする東芝さんだけのことはある。丸ボディが徐々に失われつつある現在、「わーエスカレーターって昔こんなのだったんだー!」みたいなことに、きっとなるのだろうな。

DSC01842DSC01841


圧倒的に「わー昔こんなのだったんだー!」だったそのほかの展示など。