読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/6 利根川SUP&東京スカイツリーナイトSUP

取材日記 都市河川・船 東京・関東甲信越

20121006.jpg

利根川で牛をみた帰りに東大島から4時間かけて東京スカイツリーの夜景を見に行く、どっちもSUPで、なんて、ちょっとどうかしてるねHAHAHAとか言っていた2ヶ月後に自分がやることになるとはおもわなかった。


大きな地図で見る

まずは利根川。いばらき旅のストーリーさんとCanal SUP チームとの共催イベントにて。(http://www.canalsupassociation.org/project/121006/

Untitled

のどかなエントリーポイントを出てすぐに

Untitled

牛がいる

Untitled

こっち見てる

Untitled

よく目が合う

Untitled

Untitled

Untitled

とてもおとなしい。

このへんの牛達は放牧されてて、水浴びしたり草食べたりして、夕方になるとちゃんと牧場に帰るんだそうだ。

おもしろい。

Untitled

SUP乗ってパドル持って牛と対峙してるすごく変な光景なのだが妙にマッチしている感じもある。こういう職業のひとアジアにいそうな感じもする。

Untitled

大自然SUPもいいよなぁ〜

という牧歌的な体験のあと、東京にまた戻ってきて、東大島からスカイツリーを目指す、往復4時間の耐久ナイトクルーズに。

Untitled

端的に言ってとてもあやしい。

Untitled

東大島にはなぜか1箇所だけ親切に解放されてるエントリーポイントがあり、そこから出発。

Untitled

荒川ロックゲートと扇橋閘門に守られた、潮位差のない水域は、水面が鏡をはったみたいに静かで感動的。ただちょっと臭い。

Untitled

いろいろドボク的にも気になる橋をくぐっていく。

Untitled

スカイツリー見える

Untitled

見える。遠いなー。

Untitled

北十間川に入ると、いくつか手漕ぎの船とすれちがった。あと、ボラの襲撃がはげしくなる。容赦なくボード上に乗ってくるのでぎゃーぎゃー騒ぎながら追い落とす。こわい。悪夢。

Untitled

スカイツリーが正面に。まだ遠いなー。

Untitled

黙々と漕ぐ。

Untitled

漕ぐ。

Untitled

だんだん明るくなってきた。

Untitled

十間橋をくぐると、かぎられた船しか入っていけないゾーン。

Untitled

なんかこういう写真がいっぱい撮られてたんだけどこれはなにがしたかったんだろう。

Untitled

ついた。

Untitled

おおおおおおー。

Untitled

やれやれ。

Untitled

寝転がって見上げる人。

この直後、ぱらついてた雨が本降りになって大変な目に遭い、みんなで泣きながらまた2時間漕いで戻った。

往復だとかなりハードモードになるコース。

またやりたいなー。